あなたもLingodaに参加して
ワンランク上の英語力を手に入れよう! Lingoda公式ページ

LingodaのSprintは7月4日が〆切!キャッシュバックになるオンライン英会話を紹介♪

当ページのリンクには広告が含まれています。
LingodaのSprintは7月4日が〆切!キャッシュバックになるオンライン英会話を紹介♪

Lingoda(リンゴダ)のSprint(スプリント)ってなに?

Kei

オンライン英会話Lingoda(リンゴダ)のコースの一つだぞ!

「Lingoda(リンゴダ)のスプリント(Sprint)コースって何?」「本当に返金されるの?」と疑問に思われたのではないでしょうか?また、そもそもLingoda(リンゴダ)ってどんなオンライン英会話教室なのかも気になりますよね?

Lingoda(リンゴダ)はドイツのオンライン語学教室で、英語を始め、ドイツ語、スペイン語、フランス語、それとビジネス英語をネイティブスピーカーから学ぶことができるんです。また、スプリントは、Lingoda(リンゴダ)のコースの1つで集中的に学習でき条件を満たすと半額返金になる特徴があります。概要は次のとおりです。

Sprint(スプリント)コースの概要

  • スプリントはSuper(スーパー)とRegular(レギュラー)の2種類から選択
  • 指定期間休まず受講すると半額キャッシュバック!
  • 次の期間は7月6日から9月3日の60日間。応募〆切は7月4日の8時まで!
  • スプリント終了後、割引価格で継続学習可能
Kei

返金がモチベーションにつながるぜ!

「でも、返金の条件って何?」「自分でも続けられるのかな?」と不安に感じますよね?でも安心してください。Lingoda(リンゴダ)は初級者から上級者までクラスが分かれており1から言語が学べます。

また、スプリントの条件は休まず受講するだけ!スーパースプリントなら毎日、レギュラースプリントなら30日中15日出席すれば返金してくれますよ!筆者も筆者の息子も英会話力(特にリスニング、リーディング、スピーキング)が劇的にアップした上、返金を受けることができました。

しかも今なら当サイト限定のクーポンで料金が割引価格にあなたもLingoda(リンゴダ)のスプリントに参加して、まるで留学したような授業で中的に体験し、お得に英会話力をアップさせて下さいね!

>>更にお得になるクーポンコード:keisprint<<

目次

Lingoda(リンゴダ)のSprint(スプリント)の概要!次はいつから始まる?

スプリントの概要が気になる〜

Kei

早速解説していくぜ!

「LingodaのSprintコースっていつでも申し込みできるの?」「料金はいくら?」など、LingodaのSprintコースの概要が気になりますよね?

本章ではSprintコースの概要を解説していきます!これを読めば、Sprintに関するとりあえずの情報がわかりますよ♪要点をまとめた表は次の通りです!

LingodaのSprintコースの概要

コースの種類・スーパー・スプリント
・レギュラー・スプリント
開催期間令和6年7月6日~9月3日(60日間)
支払い日令和6年6月28日
令和6年7月28日
対象言語英語、ドイツ語、スペイン語、フランス語、ビジネス英語
募集期限令和6年7月4日 08:00
条件スーパー:毎日受講
レギュラー:月に15日受講

Sprintの概要①:Lingodaスプリントコースの期間は?

Lingoda(リンゴダ)のスプリントっていつでも始められるの?

Kei

Noだ!期間が決まっているぞ!

「Lingoda(リンゴダ)のスプリントコース、今から始めたい!」 と思われるかもしれませんが、結論、スプリントコースは学習期間が決まっているので、今すぐ始めることはできません。ただし申し込むことは可能です!

今回のスプリントコースの開催期間と募集期限は次のとおりとなっているので、スプリントに興味がある人は、募集期限に気をつけて早めに申し込むようにしましょう!早めに申し込めば体験として1回、実際の授業を受けることができます。これを受けて「やっぱやめた」と感じら無料でキャンセルできるので安心です。

直近のスプリント概要

開催期間令和6年7月6日~9月3日(60日間)
募集期限令和6年7月4日 08:00
Kei

早めに応募するとフリートライアルが受けられるぞ!

初めてLingodaにエントリーする場合、「どんなふうに授業を受けるのか」「本当に自分にあっているのか」なと疑問が湧きますよね?そこでLingoda(リンゴダ)は参加希望する人が授業を試せるように1回分の無料クレジットを提供してくれます。

クレジットとは授業を予約するために使うチケットのようなもの。フリートライアル後、やっぱりスプリントコースを辞めたいということであれば、初回の支払い日以前であればキャンセルできるので、安心して始めることができますよ!

スプリントは集中的に語学力をあげたい人にオススメのコースです。授業の細部がより詳しく知りたいということであれば、実際に授業に参加して体験するのが1番早いです!まずは試しに授業を受けてみることをお勧めします。

\日本のメディアが報じない語学教室/

↓期間限定の割引コードは↓

Sprintで20EURオフ→keisprint

マンスリー用コード20%オフクーポン→keim2m

Sprintの概要②:Lingodaスプリントコースの料金は?

スプリントはいくらくらいなんですか?

Kei

英語コースで約12万円だぞ!

スプリントコースがいくらぐらいなのか気になりますよね? Lingoda(リンゴダ)のスプリントコースは学ぶ語学によって料金が異なります。また、料金は為替レートによっても異なりますが、1ドル150円換算すると英語コースで次のとおりとなります。

レギュラー・スプリント約6.4万円
スーパー・スプリント約11.4万円

休まず受講すれば半額戻ってくるんですよね!

Kei

その通りだ!

一見料金を見ると高く感じるかもしれませんが、半額後の料金を1回あたりの授業に換算すると1レッスン千円前後。国内の英会話教室と比べてもネイティブの先生から英語が習えて1時間の授業であることを踏まればかなりお得ですよね?

なお、スプリントの料金は年々増額しています。2023年はずっと同じ料金でしたが、今後いつ値段が上がるかわかりませんので、スプリントにエントリーしようかどうか迷っているなら、早くはじめた方が絶対いいです。ここ数年モニターしているので間違いありません。

また早めに申し込むと、 自分が受けたいカリキュラムの予約が取りやすいので、早めのエントリーをお勧めします。ここで英語以外の料金についても確認しておきましょう!

Super Sprintの料金

スクロールできます
言語英語西語仏語独語ビジネス英語
1か月目389ドル389ドル389ドル499ドル569ドル
2ヶ月目389ドル389ドル389ドル499ドル569ドル
購入購入購入購入購入
Sprint料金の比較表

Reglar Sprintの料金

スクロールできます
言語英語西語仏語独語ビジネス英語
1か月目219ドル219ドル219ドル269ドル319ドル
2ヶ月目219ドル219ドル219ドル269ドル319ドル
購入購入購入購入購入
Sprint料金の比較表

レギュラースプリントは、月15日受講するのが条件となっていて若干緩いので、 毎日受講しなくてはいけないスーパースプリントコースがきついと感じるならお勧めのコースとなっています。

Sprintの概要③:Lingoda(リンゴダ)のSprintは本当に返金されるのか?

本当に返金されるの?

Kei

イェス!条件を達成すれば返金されるぞ!

料金がキャッシュバックになる英会話教室なんて日本にないので、本当にキャシュバックされるのか心配ですよね?でも安心してください!スプリントコースであれば条件を満たすと絶対に半額返金してくれます!

筆者はこれまで2回スーパースプリントにチャレンジし2回ともキャッシュバックを受けることができました!(その後はサブスクでレッスン中)

キャッシュバックに成功すると、次のようなメールが届きます(写真は当時のもの、今はなき100%キャッシュバックの時代でした。)。

Lingoda(リンゴダ)から成功時にきたメール
Kei

上記のメールを受けとった時は思わず「よっしゃ〜」と叫んだぜ!

筆者が最初に受けたスプリントコースはなんと、90日間連続でした。なので本当にしんどかったのですが、英語力はかなり上がった実感が持てたのと、全額キャッシュバック受けれたので、非常に充実感を得ることができました。

現在の特典は全額キャッシュバックではなく、半額キャッシュバックしてもらえるわけですが、いずれにしてもあなたの英語力アップをLingodaのSprintコースはブートアップしてくれます!

英語力は一度身につければ一生の資産になります。あなたもこの機会に是非スプリントに挑戦して、一生物の英語力を身につけてくださいね!なお、Sprintコースのルールは次の記事で詳しく解説していますので是非参考にしてくださいね!

参考記事

LingodaのSprintコースの特徴とは?日本にはない英会話教室を解説!

Super Sprint(スーパー・スプリント)の特徴を教えて

Kei

わかったぜ!

Super Sprint(スーパー・スプリント)の主な特徴は次の3つです。

Super Sprint(スーパー・スプリント)の3つの特徴

では、早速解説していきますね!

Sprint(スプリント)の特徴①:成功すると、半額返金が受けられる!

成功って難しくないですか?

Kei

もちろん楽じゃないぞ!その分、語学力はめちゃくちゃ上がるぜ!

LingodaのSuper Sprintは、条件を満たすと半額返金が受けられます。しかもスプリントは一度だけでなく何度もチャレンジすることが可能です。

ただし、スプリント開催期間を踏まえると、連続的に受講するのは難しいため、語学力をもっと伸ばしたいなら、連続的に授業が受けられる30日分の授業クレジットを受け取るのがおすすめです。

また、スーパースプリントは成功すると1回60分あたりの授業料が8.64ドルになります。1ドル150円とすると、約1,300円。

ネイティブから学べることを踏まえると格安ですね!

Sprintの特徴②:英語以外にも学べる言語あり!

英語以外も習えるの?

Kei

フランス語、スペイン語、ドイツ語、ビジネス英語も選べるぞ!

「第2外国語が学べたらいいのになぁ」「英語以外の言語って学べるのかなぁ」そう思った方がいらっしゃるのではないでしょうか?Lingoda(リンゴダ)では英語以外にもフランス語、スペイン語、ドイツ語、ビジネス英語がネイティブから学べます。ビジネス英語は、ビジネスシーンで頻繁に使われるフレーズ、交渉、メールなどが学べます。

もちろんスプリントでも同様に様々な言語が学べます。第二外国語ってネイティブから教わる機会が少ないのが現実です。Lingoda(リンゴダ)ならネイティブから直接学べるので正確な発音が身につけられ、また、現地の文化についても触れることができました!

もしあなたが第二外国語をマスターしたいなら、Lingoda(リンゴダ)は本当にオススメです。しかも直感的に語学を習得できるようプラグラムが設計されているので初級者でも安心して語学力アップが実現できますよ!

Sprintの特徴③:少し楽なRegular(レギュラー)Sprintコースもある!

レギュラースプリントって何?

Kei

レギュラーは半額キャッシュバックされるぞ!

レギュラー・スプリントは決められた期間60日のうち30日間受講できれば料金半額が返金されるコースです。

英語コースの場合、条件を満たせば220ドル(日本円で約3万円)で30時間分の英会話レッスンが受けられます。

次の表はレギュラー・スプリントの料金表です。

スクロールできます
言語英語
仏語
西語
独語ビジネス英語
1か月目219ドル269ドル389ドル
2ヶ月目219ドル269ドル389ドル
購入購入購入
Sprint料金の比較表

もし、60日連続で受講するのは難しい、料金的にSuper Sprintは無理ということであればレギュラー・スプリントを選択してください。

Lingoda Super Sprint申し込み前に知っておくべきこと!

申し込む前に知っておくべきことってありますか?

Kei

あるぞ!いくつか紹介するぜ!

LingodaのSuper Sprintを申し込む前に知っておいてほしいことは次の2点です。

申し込む前に知っておいてほしいこと

その①:返金を受けられるまでの期間

どれぐらいでキャッシュバックされるの?

Kei

45日以内にキャッシュバックされるぞ!

LingodaのSuper Sprint(スーパー・スプリント)の期間終了後に即返金されるわけではありません。

LingodaはSuper Sprint参加者一人ひとりの授業参加状況を確認し審査するため、Super Sprintに成功した旨の通知までに結構な時間がかかります。

まずスプリントに成功したのか成功したのかは、最終日から2週間以内に通知され、45日以内にキャッシュバックされます。加えてクレジットカードで支払った場合はその返金処置がなされるまで更に待たないといけません。

Lingodaのキャッシュバックまでの期間の説明
Kei

キャッシュバックまでの期間を考慮して参加するんだぞ!

その②:対象となるのはグループレッスン

プライベートレッスンは受けられないんですね?

Kei

そのとおり!Super Sprintの対象となるクラスはグループレッスンだぜ!

Super Sprintの対象となるのは最大5人が参加するグループレッスンです。マンツーマンのプライベートレッスンはSuper Sprintの対象ではありません。

もしあなたがプライベートレッスンを受けたいならSuper Sprintではなくマンスリーレッスンを受けてください。

グループレッスンは最大5人となっていますが、肌感覚としてグループレッスンに参加してくる受講者は平均2~3名程度です。時間帯によっては1人の場合もあります。

その③:参加できるのは18歳以上

18歳未満は参加できないんですか?

Kei

できない!参加できるのは18歳以上だぞ!

LingodaはSuper Sprintに限らず18歳未満は受講することができません。なぜならLingodaは教材の内容を18歳以上を想定しているためです。

運営側からは「18歳未満の方がLingodaの英会話レッスンに参加しても効果が得られないので、子供に特化したスクールを選んでください」と回答がありました。

ただし、ぶっちゃけ教材のコンテンツに大人向けの内容が入っている訳ではないのと、高校生でも十分理解できるので参加しても支障ないと思います。

いずれにしても公式のSuper Sprintのルールには18歳未満は参加できない旨の記載があります。

LingodaのSuper Sprint(スーパー・スプリント)コースのキャッシュバック条件

キャッシュバックの条件って何?

Kei

基本は休まず60日間受講することだぜ!

Lingoda(リンゴダ)のSuper Sprintでキャッシュバックを受ける条件で最も重要なのは、60日間休まず受講することです。

このほかにもキャッシュバック条件がきまっているので要点を絞って解説していきます。ポイントは次の3つです。

キャッシュバック条件3つのポイント

条件①:100%授業に参加する!

授業に遅刻しても大丈夫?

Kei

10分までだったらセーフだ!

ホームページ上のFAQでは「10分以上欠席しない限り欠席扱いはなりません。」とあるので、10分までは遅刻又は早退しても許容されます。

クラスに参加していたかどうかは、ルールによるとクラスログと先生による入力によって判定されます。

ただし、Super Sprintのルールに記載があるキャッシュバック条件には「100%(60分間)授業に出席しなければならない。」とあるため、先生とのトラブル回避のため遅れないように参加しましょう。

条件②:不正行為はしない!

不正行為って何ですか?

Kei

やっちゃいけないことが決まっているので紹介するぜ!

Super Sprintのルール違反のポイント

  • Super Sprint開始以前にチケット(クレジット)を使う。
  • ユーザーアカウントを複数の人と共有して使う。
  • 複数のアカウントでスプリントに参加する。
  • 期限内に料金を支払わない。
  • スプリント期間中にタイムゾーンを変更する。
  • Super Sprintコースとして取得したクレジット以外のクレジットを使ってレッスンを受ける。
  • 1日2回以上授業を受ける。

Super Sprintのルールは普通にレッスンを受けていれば基本違反することはありません。なお、受講するコースのレベルは途中で変更できます。

条件③:予約の変更は受講時間の7日前まで

予約を変更することはできないんですか?

Kei

受講日時から7日前までだったら予約変更できるぞ!

通常のLingodaの各種言語レッスンは3日までなら何度でも予約をキャンセルし予約しなおすことができます。

しかし、Super Sprintの場合は3日ではなく7日前になるので注意が必要です。これによりLingodaはSuper Sprintの達成を難しくしています。

Super Sprintでキャッシュバックを達成するためには1週間後の予定が決まっている必要があります7日を切って予約変更してしまった時点でSuper Sprint失敗となるので注意してください。

LingodaのSuper Sprint(スーパー・スプリント)コースの体験談 

連続60日ってきついですか?

Kei

あなたの仕事や学校の環境によるぜ!

普段英語に触れる機会がない人にとっては、Super Sprintの英会話クラスにストレスを感じるかもしれません。しかし学べることも多く毎日が楽しく感じるはずです。

それでもSuper Sprintにはきつい部分があるのも事実です。以下、きついことを3点に絞って解説していきます。

3つのSuper Sprintのきついこと

体験談①:欠席できない故の緊張感

やっぱり緊張しますか?

Kei

100%出席しないといけないプレッシャーに打ち勝たないといけないぜ!

Super Sprintコースでは、60日間休まず100%レッスンに出席しなければなりません。そのため、予期せぬ事情での欠席を含め、あらゆる状況を想定し入念な準備が必要になります。

額キャッシュバックを受けるためには日々の時間管理が重要ですし、周到なスケジューリングが大切です。

また、LingodaのレッスンはZoomを使うため安定した通信環境を準備する必要があります。

スケジュール管理や環境整備に60日間気を使い続けないといけないので、結構疲れます。

体験談②:体調がすぐれない時も出席はマスト

体調不良や親戚の不幸があった時でも参加は免除されないんですか?

Kei

病気だろうが、親戚の不幸だろうが必ず出席しないといけないぜ!

LingodaのSuper Sprintでは必ず授業に出席しなければなりません。

例えば、体調不良、仕事上の理由、技術的な問題など、Lingodaに起因する欠席を除き、どんな理由であっても欠席として扱われます。

体調不良で60分の英会話に参加するのってしんどいですよね。

その時はカメラをオフにしてベッドに横になり、スマホで受講するなど、体力を温存しながら受講するようにしましょう。

60日間連続で受講すると英語力は格段にアップする上、継続できたという自信が持てるようになり、自己肯定感もアップします。

体験談③:受講日の7日前を過ぎると予約変更できない

7日前を過ぎると予約変更ができないのってきついんですか?

Kei

これは人によるかもしれないぜ。

7日先まで予定が組める人にとっては、受講日の7日前を過ぎると予約変更できない条件は制約にならないかもしれません。

しかし、急に予定が入る仕事をしている人にとっては予約変更条件は相当プレッシャーになります。

私の場合、誰にも邪魔されない時間に受講できるよう、毎日早朝に予約していたので体調的にはかなりしんどかったです。

参考記事

LingodaのSuper Sprint(スーパー・スプリント)コースと成功させるコツ

Super Sprintに失敗しないようにするにはどうしたらいい?

Kei

失敗経験がある人から学ぶのがいいぞ!

Super Sprintに成功するには失敗した人から学ぶことが最良の方策です。以下、日本人に限らずネット上の失敗事例を踏まえて、Super Sprintのコツを解説します。

Super Sprint成功させるコツ

コツ①:他人に侵されない絶対的な時間を確保する

絶対的な時間って何?

Kei

予定が絶対に入らない時間を指しているぞ!

Super Sprintは60日間、一度も欠席してはなりません。レッスンを早退することも遅刻することも許されないため、絶対に邪魔されない時間にレッスンを予約する必要があります。

私の場合は毎朝5時~6時にクラスを予約していました。

Super Sprintに失敗した人の事例として多いのは、「レッスンがあること自体を忘れてしまった、急用が入ったため参加できなかった」というものです。

「すっかりレッスンを忘れてしまった」ということがないように、毎日同じ時間に予約してください。絶対的な時間をルーティン化させることがSuper Sprintを成功させるコツです。

コツ②:レッスン時間に気付ける仕組みを作る

具体的にはどういうこと?

Kei

スマホでアラームをかけたり、ブラウザのホーム画面をLingodaにすることだ!

レッスン時間を忘れないようにするため、レッスン時間に気付ける仕組みを意図的に仕掛けておきましょう。具体的な方法は次のとおりです。

レッスン時間に気付ける仕組み

  • 複数の機器でアラームを設定しておく
  • Googleカレンダー等に予定を入れ、リマインドが届くようにしておく
  • インターネットブラウザの起動時の画面をLingodaに設定する
  • レッスン時間を紙に書いて貼っておく

上記以外にも自分オリジナルの「レッスンを忘れない仕組み」を取り入れSuper Sprintを成功させてくださいね。

筆者は毎朝5時から受講していたので、アラームを2~3重にかけて寝坊しないようにしていました。

コツ③:インターネットのバックアップを用意する

インターネットのバックアップってどうやってやるの?

Kei

光回線を使っている場合はスマホでつなぐ準備をしておくといいぞ!

インターネットを利用してLingodaのクラスに参加しようとしている方は、回線がつながらない時にそなえスマホでLingodaにつなげる準備をしておきましょう。

そのためスマホにはあらかじめZoomをインストールしておきましょう。また、事前にズームをインストールしたらマイクやカメラが適切に使えるか確認してください。

筆者の場合、Wi-Fiが時々調子悪くなることがあったので、パソコンではなくスマホでクラスに参加できるように準備していました。

LingodaのSuper Sprint(スーパー・スプリント)がオススメな人

Super Sprint(スーパー・スプリント)は私に向いている?

Kei

マジで英語力をブチ上げたいなら絶対おススメだぜ!

LingodaのSuper Sprintコースがオススメな人は次のとおりです。

Super Sprintをオススメする人

これまでSuper Sprintに参加した経験を踏まえて解説したいと思います。

おススメな人①:英会話力を短期間にぶち上げたい人

60日でどれくらい英会話力ってあがるの?

Kei

A1.1レベルなら50日で達することができるぞ!

LingodaのSuper Sprintは英会話力を短期間にぶち上げたい人におススメです。例えば、A1.1レベルのカリキュラムには50クラスあるので50日でA1.1レベルに達成することができます。

A1.1とは共通ヨーロッパ言語基準CEFRに基づくレベルです。LingodaはCEFRに基づきレベルごとにカリキュラムが設計されています。

CEFR:言語能力を評価するための国際的な基準です。初級レベルのA1からネイティブレベルのC2まで分類されています。

レベルごとのカリキュラム数に応じたレッスン数は次のとおりです。

英会話力アップに必要 なクラス=日数

  • A1(初級レベル):100クラス
  • A2(基礎レベル):100クラス
  • B1(中級レベル):150クラス
  • B2(中上級レベル):150クラス
  • C1(上級レベル):200クラス

日本人が英語をマスターするのに2000時間必要と言われているので、簡単にいうとLingodaの全クラスを3周すれば英語をマスターできます。

しかし、時間もお金も限られている中、継続的に2000時間勉強するのは案外難しいですよね?

Super Sprintなら1度だけでなく、成功したことがあっても何回でも参加できるので、今のところ永久的に半額で英語学習を継続できます。

なので英語力を短期間にぶち上げたい人にSuper Sprintはおススメなのです。

おススメな人②:総合的な英語力を集中的に身につけたい人

総合的な英語力って何?

Kei

スピーキング、会話スキル、文法、ボキャブラリー、読み書きなど、どんな状況でも自信をもって英会話できるスキルが身につくぞ!

Super Sprintコースは、総合的な英語力を集中的に向上させたい人におススメです。

Lingodaでは文法、リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングなど、幅広いスキルを集中的に身につけることができます。

Super Sprintコースに参加することにより毎日クラスを受講することとなり、カリキュラムは必要な能力をバランスよく向上するように設計されているので集中的に英語力をあげることができます。

おススメな人③:無料でネイティブスピーカーと話したい人

先生は全員ネイティブスピーカーなんでしたっけ?

Kei

そのとおりだ!しかも全員教師資格を有する先生で高品質なんだ!

Super Sprintはできるだけ費用を抑えてネイティブ・スピーカーと話したい人におススメです。

Lingodaはの先生は全員ネイティブ・スピーカーであると同時に、教師の資格を有し、教師として2年以上の経験を有している人を採用しています。

ケンブリッジ大学のドクター持ちの先生やスタンフォード大学など、国際的に有名な大学の先生から英語を習うことができるのも魅力です。

もしあなたが、ネイティブ・スピーカーから質の高い授業を受けたいと思っており、集中的に英語力を上げたいと思っているならSuper Sprintはおススメです!

Super Sprintの申し込み方を解説!5ステップで申し込みできるよ♪

Lingodaは日本語ページがないので、ちゃんと申し込めるか不安ですよね。申し込みはとっても簡単!ここでは申し込み方法について紹介したいと思います。

STEP
公式ページに移動する!

まずは公式ページに移動しましょう。

STEP
学習する言語を設定し「Sign up」をクリック
STEP
Lingodaにサインアップします。Facebook、Google、Apple又はEmailで登録しましょう。
STEP
支払い情報を入力する

支払い情報を入力します。なお、プロモーションコードがあれば、右下の「Do you have a Promo code? Add it here:」に入力してください。

なお、最後の月にキャンセルしないと、自動的にコースが始まってしまうので注意が必要です。

STEP
クレジット(クラスを予約する際に使用するチケット)が付与されるまで待つ

申し込みが完了後、予約時に使うクレジットが付与される日まで待ちます。クレジットが付与されたらSuper Sprint開始日以降の日時に予約しましょう。

授業の予約は、次の記事で解説しています。

Super Sprint(スーパー・スプリント)コースよくある質問

まだまだ疑問があるので教えてください!

Kei

おぅ!なんでも聞いてくれ!

2つの言語を同時にSprintで受講することはできますか?

残念ながらできません。複数のユーザーで同時に受講することも禁止されているので注意してください。

先生の通信接続等が原因で、予約がキャンセルされ、埋め合わせのクレジットをもらった場合はどうすればいいのでしょうか?

先生側のトラブルが原因で再付与されたクレジットは、Sprint終了後に使う必要があります。

レッスン終了後、Lingoda側にお願いすると、クレジットが使用できるようにシステムを調整してくれます。

キャッシュバックはドルで振り込まれるのでしょうか?

私の場合、クレジットカードで支払い、その時のレートで引き落とされた円が、そのまま返金されました。

ですので、為替の変動により損することはありません。返金は次のカードの引き落とし額から差し引かれる形でした。

登録時のデポジットも戻ってくるのでしょうか?

戻ってきます。

【番外編】そもそもLingodaで英語を学ぶメリットとデメリット

ここではSprintに関わらずLingodaの一般的なLingodaのメリットとデメリットを解説します。

Lingoda(りんごだ)のメリット

Lingoda(りんごだ)のメリットは次のとおりです。

Lingodaの強みはこれ!
  1. 教材がダウンロードでき使い放題
  2. 先生は全員ネイティブ
  3. 予約は24時間365日可能
  4. 1クラスあたりの授業時間は60分
  5. Sprint終了後も割引料金で受講可能
  6. キャッシュバックに失敗しても料金が安い
Lingoda(りんごだ)のメリット①|教材がダウンロードで使い放題!

Lingodaの教材はカリキュラムの単元ごとにダウンロードが可能です。教材はPDFファイルなのでスマホで持ち出して、隙間時間で予習復習することもできます

教材を全部ダウンロードして自主勉強に活用しましょう。ただし、双方向のコミュニケーションができるよう教材が作られているので、効果は限定的になってしまうでしょう。

また、教材の後ろの方はホームワークとなっているので授業が終わった後に取り組むと効果的に語学力をアップできますよ!

Lingoda(りんごだ)のメリット②|先生は全員ネイティブで資格持ち!

なんと言っても先生は全員ネイティブです。現地の言葉でわかりやすく説明してくれます。また、的確に間違いを指摘してくれますよ!

英語の先生はアメリカ、イギリスが多めです。何しろ1500人以上、先生が在籍しているので、いろんな先生とコミュニケーションを測ることができます!

Lingodaは日常いろんな人と話すことを想定しており、いろんな先生から語学を学んでほしいと思っています。ですので、先生を選んで予約するシステムになっていません。いろんな先生から語学を学び幅広い力を身につけましょう!

Lingoda(りんごだ)のメリット③|予約は24時間365日可能!

Lingoda(りんごだ)の先生は世界中にいるので24時間365日予約が可能です。私が初めてSprintにチャレンジした時は大晦日や元旦でしたが、普段と変わらず問題なく予約できましたよ。

Lingodaの予約画面で希望する志願に受けたい授業がなくても大丈夫!自分でクラスをカリキュラムから選んでつくることができます。自分が勉強したい単元で都合のいい時間にクラスを作りましょう!7日以前であれば仮に先生が割り当てられなくてもクラスのクレジットはリファンドされるので安心してください。

Lingoda(りんごだ)のメリット④|1クラスあたりの授業時間は60分!

日本国内のオンライン英会話の授業時間が25分なのに対し、Lingodaの授業時間は2倍以上の60分です!自己紹介もサラッと流す感じなので、たっぷり学習時間があります。

初めのうちは疲れると思いますが、沢山話す時間が確保できるので、その分Lingoda(りんごだ)の満足感、充実感は凄いです。またスーパー・スプリント(Super Sprint)を終えるころには1時間が短く感じますよ!もっと勉強したいって思えるのがLingodaのいいところです。

一回60分なので、スーパー・スプリント(Super Sprint)であれば2ヶ月で3600分、勉強することになります。語学学習は時間が見方してくれるので、時間をかけただけ、あなたの語学力は格段にアップしますよ!

Lingoda(りんごだ)のメリット⑤|Sprint終了後も割引料金で受講可能!

スーパー・スプリント(Super Sprint)やレギュラー・スプリント終了後は格安のサブスリプションを申し込むことができます。一度身についた学習ペースを崩すのはもったいないですよね?お財布に余裕があれば是非サブスクに申し込んで学習を続けてください!

スーパー・スプリント(Super Sprint)は一度だけでなく何回もチャレンジできます。スーパー・スプリント(Super Sprint)で疲れた人は一旦休憩して次のスーパー・スプリント(Super Sprint)にチャレンジするのがオススメです。

Lingoda(りんごだ)のメリット⑥|キャッシュバックに失敗しても料金が安い!

スーパー・スプリント(Super Sprint)はキャッシュバックされるのがメリットですが、失敗しないかドキドキしますよね?

仮に失敗したらキャッシュバックが受けられません。しかし、スーパー・スプリント(Super Sprint)の料金は一回あたりの料金は対面式の英会話教室に比べると格安です。国内であればベルリッツやECCが有名ですが、それより半額程度かつ長い時間サービスが受けられるので絶対お得です。

まずはスーパー・スプリント(Super Sprint)に失敗しないように頑張りつつも気軽に授業を受けてください!

参考記事

Lingoda(りんごだ)のデメリット

Lingoda(りんごだ)のデメリット①|日本語がない

Lingoda(りんごだ)の一番のデメリットは、日本語サイトがないことです。ロシアや中国、フランス語やドイツ語のサイトはありますが、日本語サイトはありません。自力でサイトを理解する必要があります。

Lingodaの予約画面や申込み画面は、基本的には直感的に操作できるように作られていますが、もし、不安であれば自動翻訳を使いましょう。Google chromeの翻訳機能はとても便利で、翻訳機能をインストールすればページを丸ごと日本語化できます。Google Chromeを使うことをお勧めします。

Google Chrome翻訳機能の設定方法は、【簡単】Google Chrome機能で英語ページを翻訳する方法が参考になります!

自分で解読しなければいけない状況はまさに留学しているのと同じ。Lingodaは、始めようと思った瞬間から英語漬けが始められますよ!

Lingoda(りんごだ)のデメリット②|先生を選んで予約しずらい

Lingodaは実生活のように、いろんな人とコミュニケーションできるようになることを想定しているため、先生を選んで予約するシステムにはなっていません。正確には、全く先生が選べないわけではないのですが、いつも希望する時間に同じ先生を選べるとは限らないのです。

日本の英会話は先生から選ぶシステムが多いですが、人気講師の予約がとれなくてヤキモキするといった口コミも見られます。

Lingodaは資格を持ち経験がある先生しか採用していないので、先生の評価についても表示されていませんし、誰を選択しても基本的に高い品質の授業が受けられますよ!

ちなみに、受講者がカリキュラムを選択すると、そこに先生がエントリーする仕組みがあり、先生側が生徒がつくった授業にエントリーする仕組みになっています。先生が既に決まっている場合は、先生を選択べるというわけです。

ちなみに、苦手な先生だった時は、次回からは選ばないようにすればいいです。また、カリキュラムから予約し、後から苦手な先生がついてしまった時は、7日前であればキャンセルすることもできます

LingodaのSuper Sprintでお得に語学力をぶちあげよう!

Lingodaのスーパー・スプリント(Super Sprint)はあなたの英語力を確実にアップしてくれる上、料金がキャッシュバックされるチャンスがある魅力的なコースです。

そうはいっても中々一歩が踏み出せないですよね。それに本当にSuper Sprintを休まず受講できるのか不安ですよね。

その一歩を踏み出せば、英語力が身につきあなたの未来は確実に変わります!しかも今なら最初の手出し金の8千円が割引なるクーポンも使えます!

あなたもLingodaのスプリントの成功者になってワンランク上の英語力を手に入れ、キャッシュバックを貰っちゃいましょう!

>>更にお得になるクーポンコード:keisprint<<

LingodaのSprintは7月4日が〆切!キャッシュバックになるオンライン英会話を紹介♪

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次