Lingodaで更に英語を話す力をつけたい!どうやったら話せるようになる?

今日は雨ですね。低気圧が頭に重くのしかかりそうですが吹き飛ばして頑張っていきましょう!

最近毎朝6時からLingodaの英語レッスンを受けています。1回あたりのレッスンは1時間。寝起きで頭が冴えない中、がんばっています。今日も自分の話せなさを痛感。「妻には理想が高すぎるよ~」と言われ、確かもそうかもしれないなと感じます。

私の目指す英会話はハリウッド映画の主人公さながらの流暢さ。けど土台ネイティブスピーカーになることは不可能。

今回は英語をできるだけ「まとも」に話せる様になるためにどうすればいいのかという点についてまとめています。

目次

できるだけ”まともに”に話せるようになりたい。

話しているうちに文法が崩壊していくんでよね・・・。「あれっ?今なんて言ってたっけ?」となり途中で文構造がめちゃくちゃになってくる。

これではいけないとおもうのです。丁寧に文法を組み立てないといけない。丁寧に組み立てるとは、S+V+C、S+V+Oなど。また5W1Hを意識して話すこと。単語についても予めイメージして言葉にできる段階で話し始める。そうすれば後悔が少なくなるかも。

ChatGPTに「Lingodaで更に英語を話す力をつけたい!どうやったら話せるようになる?」と聞いてみました。

ChatGPTに「英語が話せるようになるには?」と質問した結果

次のとおり回答されました。

定期的な練習:英語を話す能力を向上させるには、継続的な練習が必要です。定期的にLingodaのレッスンに参加し、英語でのコミュニケーションを積極的に行いましょう。

アウトプットの重視:英語を話す力を伸ばすためには、アウトプット(自分から英語を話すこと)が重要です。レッスンや他の英語学習の機会で、積極的に話す練習をしましょう。間違えても気にせずに話すことが大切です。

リスニングの練習:スムーズに英語を話すためには、リスニング(聞く力)も重要です。英語の音声資源(ポッドキャスト、オーディオブック、英語の映画やドラマなど)を活用して、日常会話やネイティブスピーカーの発音に慣れましょう。

ボキャブラリーの拡充:豊富なボキャブラリーを持つことは、スムーズな英会話に不可欠です。新しい単語やフレーズを学び、使い方を練習しましょう。デイリーコンバーシェーションやLingodaのレッスンで新しい言葉を積極的に使ってみると良いでしょう。

フレーズや文法のパターンを学ぶ:英語のフレーズや一般的な文法パターンを学ぶことで、スムーズな英会話がしやすくなります。例えば、疑問文や条件文、表現の仕方などの基本的なパターンを習得し、使い方をマスターしましょう。

ロールプレイやシャドーイングの活用:ロールプレイやシャドーイング(ネイティブスピーカーの音声に合わせて声を出す)は、実際の会話に近い形で英語を使うことができる練習方法です。自分自身でシナリオを作り、相手役のセリフを考えながら会話を繰り返すことで、スムーズな発話力を身につけることができます。

フォニックスの学習:英語の発音ルールや音の組み合わせを理解するために、フォニックス(音声学)の学習を取り入れてみてください。正しい発音を習得することで、スムーズな英語の話し言葉を身につけることができます。

リアルなシチュエーションに挑戦する:日常生活や実際のコミュニケーションシーンで英語を使う機会を積極的に探しましょう。英語での注文や質問、意見の表明など、リアルなシチュエーションに自分をさらすことで、自信をつけてスムーズに話せるようになります。

ネイティブスピーカーとの会話を増やす:Lingodaのレッスンや英会話パートナー、英語を話す友人との会話を積極的に増やしましょう。ネイティブスピーカーとのコミュニケーションを通じて、リアルなフィードバックや自然な表現方法を学ぶことができます。

自信を持つこと:英語を話す際に自信を持つことは非常に重要です。自分の意見や感情を英語で表現する自信を持ち、ミスを恐れずに話すことが大切です。自信を持って話すことで、スムーズに流暢な英語を話すことができます。

レッスンの復習と反復:Lingodaのレッスンで学んだ内容を定期的に復習し、反復練習を行いましょう。繰り返し学習することで、新しい言葉や表現が定着し、スムーズに使えるようになります。

ミスを恐れずに話す:完璧を求めずに、ミスを恐れずに話すことが大切です。間違いから学び、繰り返し練習することで、徐々にスムーズな英語の話し方を身につけることができます。

フレーズや表現の模倣:ネイティブスピーカーの発話を注意深く聞き、よく使われるフレーズや表現を模倣してみましょう。これによって、より自然な英語のリズムや表現方法を身につけることができます。

レッスン外の環境での英語利用:Lingodaのレッスンだけでなく、日常生活の中でも英語を積極的に使う環境を作りましょう。英語のメディアを活用したり、英語のオンラインコミュニティに参加したりすることで、実際のコミュニケーション力を向上させることができます。

発音とリズムの練習:スムーズな英語の話し方には、正確な発音と自然なリズムが重要です。発音の練習やリズムに合わせたスピーキングの練習を行いましょう。口の動きやアクセントに意識を集中し、自然な流れで英語を話せるようになります。

興味のあるトピックについて話す:興味のあるトピックや話題について積極的に英語で話してみましょう。自分が関心を持っていることについて話すことで、自然な表現力と流暢さが身につきます。

自己録音や録音レッスンの活用:自己録音をして自分の発話をチェックしたり、Lingodaの録音レッスンを活用してネイティブスピーカーの発音やフレーズを練習したりしましょう。自分の発話を反省し、改善することで、スムーズな英語の話し方を向上させることができます。

英語での思考や内部対話:日常生活の中で、できるだけ英語で考えたり、内部対話を行ってみましょう。これによって、英語での思考とスムーズな表現力を養うことができます。

英語を話す上で自分に不足していること:反省とフェードバック

ChatGPTを踏まえ私に不足している部分は、反省とフィードバックです。

自分の話を録音し、本当にはなせていないのか、はなせているのかを自分で評価して、よりよく話すためにどうすればよかったのか反省して学びなおす。

これを1ヶ月続けてみようと思います。

まずは明日の朝から始めます!

それでは皆さん、本日もよい1日を!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次