投資すべき2つの分野~FACTSETレビュー~

米国株インデックスは上昇していますね。今後も米国株は引き続き投資していい分野であることを感じさせてくれます。

今回は、2021年10月21日のFACTSET記事にあったS&P500の3四半期の純利益率の状況について要旨を紹介するとともに、投資すべき2つの分野についてまとめてみたいと思います。

実際のFACTSETの記事はこちらです。

 

この記事は
・米国株に興味がある、投資している!
・今後のS&P500の動向が知りたい!
・今後投資すべき分野について知りたい!
といった方々におすすめの記事です。

S&P500の3四半期の純利益率の状況

FACTSETの記事のポイントについて紹介します。

・2021年3四半期のS&Pの純利益率は12.3%
・これは、2008年以降、FACTSETが分析開始して以降、3番目に高い純利益率
・セクターでは、エネルギー、公共事業、材料が平均に影響を与えている状況

S&P500の純利益率は、2022年前半で12%を超えると予想されており、今後の成長が期待されています。特に、エネルギー、公共事業、材料の分野においては純利益率が増加しており(又は今後増加する見込みであり)、投資にあたいする分野であると考えます。

今回紹介されている3四半期における純利益率については、既に純利益率を発表している値とFACTSETが予想した値に基づき算出されています。本日以降も2021年度3四半期以降の決算発表は続いていきます。今後も各企業の純利益率については注目していくべきでしょう。

いずれにしても今年度は、コロナワクチンの接種が進み、経済活動が再開。消費が増加している一方で、サプライチェーンにボトルネックが生じている状況であり、インフレ状況かにおいて影響の少ないエネルギー関連は注目に値します。

投資すべき2つ分野

FACTSETが示すように、エネルギー、材料はS&P500の平均値を押しあげている分野であることを踏まえると投資すべきはこの2つの分野になるのではないでしょうか?

投資すべき分野は
①エネルギー

②材料

ただし、材料については鉄鋼等中国の問題が影響してくる可能性があるので、個人的には材料ではなくエネルギーを選択したいところです。

また、先日紹介したようにエネルギーについては特に需要が高まっていくと予想します。直近では天然ガス。特に今年の冬が寒くなれば天然ガス需要は更に高まる可能性があります。

昨日は広瀬氏が紹介していた各銘柄が急騰しましたね!いずれも10%以上値上がりしたのではないでしょうか?

私はエネルギー株のうち、個人的には天然ガスに親しみを持っています。特にARです。私も幸い先週値が上がる以前に購入することができました。

引き続きこれらのエネルギー関連銘柄は注目すべきであり、プライシングパワーのある銘柄を選択し集中投資していきたいと思っています。

LNG TNAKER

まとめ

以上、FACTSET記事をレビューするとともに、投資すべき分野についてまとめました。

これから決算シーズンになります。決算の状況を踏まえて投資すべき分野を選択していきいましょう。

「相場は知ったら終い。」「頭と尻尾は市場にくれてやれ!」といわれます。下心は抑え、投資していきたいと思います。ここまで読了ありがとうございます🍀

Lingodaで英語90日連続チャレンジ!80日目達成。これまでの効果!
【2022年】Lingodaは効果あり!条件を満すと全額無料になるオンライン英会話の全貌!
Lingodaオンライン英会話|カリキュラムベースで予約する方法・先生を選ぶコツ

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました