TOEIC 800点突破 独学3か月の勉強法【前編】

 

けい🔥
けい🔥

この記事には、留学経験なしの私が、たった1つの教材で3か月以内に800点を超えた勉強法が、具体的かつ実践的に書かれています。
勉強法を再現すれば必ずTOEIC800点を点えることができる!と確信しています。

 TOEIC800点の難易度は?

そもそも800点ってどのくらい難しくて、転職や就職にとって有利なのか、紹介したいと思います。

TOEIC公式ホームページに記載されている公式データによると、2017~2019年度の公開テストの平均受験者数は、約92万4千人であり、平均スコアは583点

また、2019年度の公開テストにおけるTOEIC点数795点~890点以上の割合は約10%を占めています。ちなみに895点以上は、全体の3.6%ですので、795点以上は約13.6%=約14%となります。

TOEIC800点のレベル

TOEIC800点に必要な単語は約8,500字だそうです。これはネイティブ6歳児が覚える単語数に相当するとのこと。

また、リスニングであれば、日常英会話がほぼ完璧に理解できるレベルであり、簡単な受け答えもできる。リーディングであれば、飛ばし飛ばしであれば、抵抗なく洋書や英字新聞が読めるレベルです。

TOEIC公式HPにはTOIECスコアと能力レベルの相関性が記述されています。
730点以上であれば「どんな状況でも適切なコミュニケーションができる素地を備えている。」860点以上であれば「Non-Nativeとして十分なコミュニケーションができる。」とされています。細部はTOEIC公式HPをご覧ください。

TOEIC800点は就職に有利

TOEIC800点は確実に有利です。
TOEICは上記の難易度でもわかるように、800点上位10%しか取得していません。上位14%の入ることで、目標に向かって努力している人と認識されます。
企業の立場にしてみれば、より優秀な人材を求めたいため、特に英語を使用する部署や海外に支店を有する企業にとっては、積極的に獲得したい人材といえるでしょう。

この記事の優れている点は?

この記事に書かれている勉強法が優れている理由は、取り組む教材が一種類でいいということです!文法書や単語集など様々なテキストを世の中にあふれる中、一種類とすることで精神的にも楽に勉強ができます。お財布にも優しいですしね。

加えて短期間に結果が出せるという点も優れていると思います。私の場合、700点を経験することなく、いきなり“800点をとっちゃった“って感じです。この記事は私が実際に800点を超えた時の勉強方法そのものであり、実績があります。

また、勉強法については、ただ漠然と方法を紹介するだけでなく、具体的なアクションプランを提示しています。余計なことを考えず、書かれていることをやるだけで点数が伸びるので、精神的にも負担が少なくモチベーションを保ちながら勉強できます。

私は社会人なので、日中に勉強する時間が取れないことから、朝早く起きてこの勉強法に取り組みました。朝活だけで、800点を突破できたことになります。そういう意味で、この勉強法は効率的かつ効果的だと確信しています。

私の場合、TOEICの勉強法について相談できる人が近くにいたのですが、相談することで自分がやっていることが間違っていないか再確認でき、自信と覚悟をもって勉強に集中できた経験があります。できるだけ相談に全力で乗りたいと思っています。

 私がなぜ800点をとろうとしたのか

ここで私がなぜ800点を取ろうとしたのかを話したいと思います。
私はどちらかと言うと中学までは英語が得意な方でした。しかし、高校、大学では周りに流されていき、平均を下回る成績でした。そんな自分を漫然と受け入れ、社会人になっていきました。

社会人になって数年。後輩がどんどん入社してくる中、一人の後輩はTOEICが910点、もう一人も890点とたて続けに英語ができる子たちが増え始めました。私はその時、四年前に受けたTOEICが600点くらいであり、正直劣等感を感じました。「今のままでいいのだろうか」と疑問を持ち、一念発起してTOEICに取り組もうと思ったのです。

取り掛かるにあたっては「まずは目標を決めよう」、そして「どうせだったら1番を取りたい」と思いました。ノンネイティブとして十分なコミュニケーションが取れるレベルが860点以上だったので、860点を目標としました。

目標は定めたものの、どうやって勉強すればいいのかさっぱりわからず、ネットで片っ端から情報を集めていきました。しかし、どのサイトも同じようなことを言っていて、しかも教材も様々で、何が効果的で効率的なのかわからなくなりました。

そこで相談はしたのが、身近にいたTOEIC900点台の後輩です。プライドを捨て、どうしたら点数が伸びるのか率直に質問しました。後輩のアドバイスは、ある教材をマスターすれば良いというものでした。

これで取り組むべき教材が決まり、それをひたすらやりこみました。ネット情報を活用し、勉強の仕方をルーティン化させました。その結果、いきなり800点をとることができたのです。その方法をまとめたのが、この記事です。

800点を超えてからは、会社の周囲の評価も、それ以前より格段に良くなりました。英語を使う役職に起用されたり、海外出張の機会を頂いたりと、TOEIC800点台の恩恵を授かるようになりました。

 TOEICで英語は話せるようになる

蛇足ですが、よくTOEICだけでは、英語は話せるようにはならないと言う方がいらっしゃいますが、私は違うと思っています。TOEICで身につけた文法と単語を並べれば、思っているよりも話せます。受け取り方にも違いがあるでしょうが、少なくも私は、日常会話に苦労したことはありません。
TOEIC800点台を超えるって、そういうとなんだと思います。

 TOEICを真剣に取り組む前の私

私が真剣にTOEICに取り組むようになるまでは、何となく勉強していた時期がありました。今思えば無駄な時間だったと思うのですが、勉強法ばかりを検索していたのです。やり方はわかってるんだけどやらない。そんな感じでした。
モチベーションも年始がマックスで、そのたびにちょこちょこと教材に手を出し、最後まで教材をやり切らず、本棚の肥やしにしていく。そんな感じでした。点数の高い後輩が近くに現れたことで、そうしたモヤモヤを、打破したいと思ったのかもしれません。

それにしても、勉強法ってたくさんあるので迷いますよね。しかも、勉強法って概要はネットに書いてあるけど、具体的にどうしていいかわからない。私もそんな悩みを抱えていました。
それに、どれだけの期間で点数が伸びるのか、本当にこの方法が正しいのかなど、不安を抱えながら勉強していたこともありました。TOEICって集中的に勉強するほうが効果的なので、それなりに、まとまった時間を確保する必要があります。だから、勉強の成果を早く出したい。私はそう感じていました。
もし、同じような悩みを抱えているなら、ぜひこの方法でチャレンジして欲しいです。結果はついてきます。

TOEICスコアは800点以上を目指すべき

昨今のグローバル社会、英語力はますます重要になっています。世界に目を向ければビジネスチャンスは無限です。そんな中、TOEIC800点以上を保有している人は全体の10%程度。ボケーとしていてはどんどん同僚や後輩、ライバル企業に抜かれてしまいます。
TOEICの点数が高い人は年収が高いと言うデータもあります。投資するのであれば、絶対英語学習のため自己投資すべきです。リターンが絶対得られます。
自己実現、収入アップのためにも英語を勉強しTOEIC800点をとるべきです。そうでないと置いていかれてしまいます。

小学校から英語教育がスタートしたこともあり、今後ますます英語ができる人が増えていきます。相対的に英語ができないと評価が下がってしまうわけです。厳しい現実ですが、英語はやれば伸びます。やると決心しなければ何も変えられません。行動あるのみです。覚悟を決めてTOEICに取り組みましょう。

TOEICはTOEFLと違ってやれば点数が上がりやすいテストです。正しく勉強すれば800点越えは必ず達成できます。達成すれば収入もあがり、夢も叶えられます。

私は漠然と映画を字幕なしで見れるようになりたいなぁと思っていました。TOEIC800点台あればそれも可能です。映画の字幕は短い時間で鑑賞者に読んでもらう必要があるため、本来の意味とは異なる翻訳がなされていることがあります。TOEIC800点があれば、その違いに気づけるレベルにはなります。
英語力を向上させれば、触れる情報が多くなり世界が広がり、見識が高められる。そう思います。

本教材をおすすめできる方・そうでない方

TOEIC800点以上を取るためのポイントがあります。それを踏まえると、ここまで読んで頂いたところ大変恐縮なのですが、次の方については、この記事の勉強法をお勧めできません。

この勉強法をお勧めできない方】
・ 努力する覚悟のない方
・ いろんなTOEIC教材を活用して勉強したい方
・ 勉強法に裏技があると思っている方
・ 800点取ることを目指していない方

逆に教材は次のような人におすすめです。

【この勉強法をお勧めできる方】
・ TOEICの勉強方法に悩まれている方
・ TOEICの点数を最短で上げたい方
・ 英語で夢を実現させたい方
・ 覚悟を持ってTOEIC800越える努力ができ、3か月勉強を継続できる方

では、この記事にどのようなことが書いてあるのか、目次をお見せします。

~目次~

① TOEIC800点を突破するためのたった一つの教材
② 教材の基本的な活用法
③ 教材の応用的な活用法
④ まとめ
⑤ 購入者特典

ここまで読まれた方は今、TOEIC800点を取得しようと既に努力されているかもしれません。その向上心に敬意を表します!既に勉強に着手されている方にとっても、この記事はとても有意義だと思います。

800点は勉強すれば誰でもゲットできるしかもすぐに

TOEICは段階的にレベルアップするようなイメージがありましたが、そうではありませんでした。だから、私は700点台を今まで取ったことがありません。そして一度800点を超えたら下がることはありません。

TOEIC800点の壁ってそんなに高くはない。だから超えてしまいましょう!勉強の仕方を間違えると遠回りすることになってしまう。そうならないために、この記事を書きました。

500点より低い方は、ここに記述した内容の前に実施すべきことがあります。別記事に記していますので参考にして下さい。

さぁ!いよいよ勉強法について解説していきます。TOEIC800点を目指しましょう!

後編はこちらです↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました