【2022年】Super Sprintを成功させる3つのコツとは?

【2022年】Super Sprintを成功させる3つのコツ
この記事は次のような人におすすめです。
  • 英検の上の級、TOEIC高得点を狙いたい
  • Super Sprintで全額返金を受けたい
  • Sprinをクリアするコツを知りたい

語学学習を始めるなら、しっかりした先生に教えてもらいたいし、効果があるサービスを受けたいですよね?

Lingoda(リンゴダ)なら、評価の高いネイティブの先生から、長年の研究に基づき組み立てられたカリキュラムにそって英語を学べるので、効果的にあなたの英語力をアップさせることができます!しかもSuper Sprintなら60日連続で受講すると全額返金に。

この記事は、Sprintを成功させる条件、Sprintを成功させるコツ、Sprit失敗例について解説します。

理想の英語力を手に入れたいなら今すぐSuper Sprint(スーパー・スプリント)に応募しよう!

目次

Super Sprint(スーパー・スプリント)を成功させる条件

全額キャッシュバックを受けるにはSuper Sprint(スーパー・スプリント)を成功させないといけません。

Super Sprint(スーパー・スプリント)を成功させる条件は次のとおりです。

  1. グループレッスンに参加する
  2. スプリント開始日以降にクレジットを使う
  3. アカウントを複数人でシェアしない
  4. 指定された支払日に料金を支払う
  5. タイムゾーンを変更しない
  6. 遅刻・早退しない

①グループレッスンに参加する

Lingoda(リンゴダ)ではグループレッスンかプライベートレッスンをクラスを予約する時に選ぶことになります。Super Sprintの条件はグループレッスンに参加することです。間違えて、プライベートレッスンを選ばないようにしましょう。

先生から選ぶ際は間違えることはないですが、カリキュラムベースで予約する際は気を付けましょう。

②スプリント開始日以降にクレジットを使う

Sprintに申し込むと、予約する時に必要となるクレジットがSprint開始日より前に付与されます。システム上、付与されたクレジットは、Sprint開始以前であっても使えてしますので、開始日より前にクレジットをつかってクラスを予約しないようにしましょう。

③アカウントを複数人でシェアしない

アカウントは複数人でシェアしてはいけません。キャッシュバックを受けたくてアカウント主以外の方が英語クラスを受けてはいけません。

この条件は、普通にSprint(スプリント)を受講する分には問題にならないと思います。

④指定された支払日に料金を支払う

Sprintの料金は毎月指定日に引き落とされます。クレジットカード支払いの場合、カードが有効であれば全く問題ありません。

Sprint期間中に支払い方法を変更する場合は、プロファイルから確実に支払い方法の変更手続きを完了させましょう。

⑤タイムゾーンを変更しない

Sprint(スプリント)開始以降はタイムゾーンを変更することができません。もし日本でSprintを受講する場合は、確実にタイムゾーンを日本に設定しておきましょう。

また、Sprint期間中に、海外旅行や出張でタイムゾーンを跨ぐ場合、最初に設定したタイムゾーンの時間でクラスを予約し、受講しないといけません。

⑥遅刻・早退しない

クラスに遅刻してはいけません。また、早退もいけません。もちろん欠席もダメです。

ただし、先生側の都合で、クラスがキャンセルされた場合は、問題ありません。

私の場合、先生側の操作ミスで、間違って欠席扱いになったことがあります。欠席認定されるとメールが届くので、すぐにLingoda側に連絡したところ、出席扱いになりました。ごく稀なケースですが、Lingodaはクレームや質問にすぐに対応してくれるので安心です。

Super Sprint(スーパー・スプリント)を成功させる3つのコツ

Supuer Sprint(スーパー・スプリント)を成功させるコツについて解説します。

3つのコツは次のとおりです。詳細を一つずつ解説します。

  • 同じ時間に受講する
  • アラームをかけまくる
  • 通信のバックアップを準備しておく

①同じ時間に受講しルーティン化

一つ目のコツは同じ時間に受講すること。毎日同じ時間に受講することをルーティン化すれば、受講し忘れることは無くなります。

なかなか、同じ時間に受講するって大変ですよね。私の場合、誰にも邪魔されない時間が早朝だったので、毎日5時から6時までをLingoda(リンゴダ)時間にしていました。

毎日同じ時間に予約するためにはカリキュラムベースで予約しないといけません。カリキュラムを選び、自分が受けた時間を予約すると、先生が必ず予約時間に割当てられます。

②アラームをかけまくる

予約時間を忘れないよう、スマホなどでアラームをかけておきましょう。

Lingoda(リンゴダ)からもリマインドメールが届きますが、それに加えてスマホでアラームをかけておくと安心です。

私の場合は早朝に受講していたので、受講時間の30分前、15分前、1分前、受講時間の合計4回アラームをかけていました。アレクサでも大ボリュームでアラームをかけて、スマホが電池切れだった場合のバックアップも用意していました。

③通信のバックアップを準備しておく

通信のバックアップも確保しておきましょう。

わが家のWi-Fiは時々調子が悪くて繋がらなくことがあったので、万が一に備えて、スマホでもすぐにクラスに参加できるように準備していました。

確実にネット環境を整えておくとともに、スマホでバックアップできるように準備しておくことをお勧めします。

また、スマホにはあらかじめZoomをインストールしておきましょう。仮にスマホで受講すること新た際、スムーズにクラスに参加できます。あらかじめ、無料体験を利用して授業の流れに慣れておきましょう。

Super Sprint(スーパー・スプリント)の失敗例

Lingoda(リンゴダ) Super Sprint(スーパー・スプリント)の失敗例

私は90日バージョンのSuper Sprintと60日バージョンのSprintに成功ましたが、事前にネットで他の人の失敗例を見て対策を練りました。

ここでは見聞きした失敗例を紹介します。

授業の7日前以内にキャンセルしてしまった

クレジットは一度予約すると消費してしまうわけですが、7日より前のキャンセルであればリファンドされます。

しかし、7日を切ってしまうとクレジットは戻ってきません。また、日にちは秒単位でカウントされているので、キャンセルするタイミングを間違えないように気を付ける必要があります。

7日前に空き時間が確定できない場合は、直前に予約することをおすすめします。ただし、先生の予約がうまってしまっていて、予約できないリスクが残ります。

クラスをすっぽかす

海外の方の失敗例を見ると、クラスをすっぽかす例が後を絶ちません。仕事が急遽はいってしまって、すっかり授業時間を忘れてしまった、なんてことはざらです。

誰にも邪魔されない時間をLingoda(リンゴダ)を受ける時間として設定し、ルーティン化してクラスをすっぽかさないようにしましょう。

必ず前の日に予約日時を確認するのと、直前にアラームをかけておき、クラスをすっぽかさないようにしましょう。

予約時間を間違える

クラスをすっぽかす原因の一つに、予約時間を操作ミスで間違える、ことが挙げられます。

私の場合、予約する時点で、意図しない時間に予約してしまっていました。具体的には午前5時に予約していたつもりが、午後5時に予約していたのです。

予約をすると確認メールがくるのと、予約したクラスを一覧でみれるのでダブルチェックしていた時に、予約時間が間違っていることに気づきました。

私は時間の午前午後を見間違えて予約していたので、時間の表示形式をAM/PMではなく、24時間表示に変更して、間違えないようにしました。

まとめ:Super Sprint(スーパー・スプリント)は簡単に成功できる!

Super Sprint(スーパー・スプリント)を成功させる条件をしっかり確認し、コツさせ守れば絶対成功できます。

【成功させる3つのコツ】

①同じ時間に受講しルーティン化
②アラームをかけまくる
③通信のバックアップを準備しておく

私も2回中2回とも成功できたので、マネしてくれれば成功は間違いありません。まずは、無料体験を利用して練習しておくといいでしょう。

\ 公式サイト/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次