【ロイヤルティー・ファーマ決算】2021年度2四半期決算

 

ロイヤルティー・ファーマ(RPRX)が2021年度2四半期決算を2021年8月11日に発表しました。

決算結果

予想(Estimates)実績(Actual)
売上高 Revenue$554.96M$554.963
EPS diluted$0.69$1.08
ガイダンス Guidance$1,940M to $1,980M※$2,080M to $2,120M

※予想ではなく、前回の会社発表を示す。

カンファレンスコール

ここではカンファレンスコールの1つ目のQ&Aを要約します。

質問者:Chris Schott JPMorgan

質問①Genmabとの取引にかかる見解について。
②Vertexのトリプルの影響が及ぼすロイヤルティのレベルについて。
回答①来年のデータについては楽観的にとらえており、引き続き市場を分析していく。
②トリプルの開発期間やロイヤルティ・ファーマのポートフォリオを考慮すると、取るに足らない問題である。

ロイヤルティファーマの展望と懸念について質問したものであり、これに対し、展望は明るく、懸念に関してはまだ先の話で仮に不都合が生じたとしても影響は小さいとコメントしています。

まとめ

ロイヤルティ・ファーマは、発展性のある企業・薬品の開発に投資を幅広く継続しており、今後も発展が期待できる企業と言えます。引き続き、アルツハイマー薬の市場に注目しつつ、本銘柄には注目していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました