楽天証券で投資信託の積立投資💰メリットとおすすめ商品を教えます。

楽天証券 投資信託 積立投資
この記事は次のような方におすすめの記事です。
・投資を少額から始めたい。
・投資信託の積立投資のメリットを知りたい。

・積立投資する上でおすすめの商品を知りたい。

あなたが投資初心者であり投資先について正しく判断できるか不安を感じているようであれば、運用のプロにお金を預ける投資信託がおすすめ。

投資信託の商品は銘柄が分散されており、また、長期積立と組み合わせることで、投資銘柄、タイミングの分散が可能となり投資リスクを軽減することができます。

また、楽天証券であれば100円から投資可能。ちょっと節約した分を投資に回することができます。また、ポイントで投資することもできます。

おすすめの商品は「楽天・全米株式インデックス・ファンド」。米国株の全部を丸ごと買うインデックスに投資する商品で分散によるリスク軽減が可能な商品となっています。

投資信託の積立投資を始める楽天証券がおすすめです。

投資信託とは

お金を運用のプロに預け、手数料を支払って運用してもらい、生まれたリターン(利益)の還元を受けるといった商品です。「どの銘柄を買ってよいかわからない」、「取引方法が不安」といった方にとって、ファンドマネージャーと呼ばれる運用のプロにお金を預けることになるので、安心してお金の運用ができる特徴があります。
楽天証券 投資信託 積立投資 投資信託とは

投資信託のやり方(楽天証券)

投信信託を始めるには、証券会社の口座を作る必要があります。もしあなたが楽天カードを使っているなら、楽天ポイントで投資ができるためおすすめです。また、100円から投資ができる上、楽天ポイントもアップします。ただし、楽天ポイントのうち、期間限定ポイントは投資できないので注意が必要です。

既に証券口座をお持ちであれば、「投資信託」→「購入」から億乳画面に行き、商品検索のウィンドウに商品名を入力して購入に進みましょう。積立注文をする場合は、「購入」の3つ隣にある「積立注目」から購入していきます。

積立投資のメリット・デメリット

投資信託を積立投資するメリットとデメリットについては次の表のとおりです。

メリット・100円から始められる。
・時間の分散によりリスク軽減を図れる可能性がある。
・つみたてNISAなら少額投資非課税制度の適用を受けられる。
デメリット・株価の変動、為替の変動、金利の変動等により、元本割れするリスクがある。
・短期での収益は一般的に得ずらい。
・選べる商品が限定されている。

メリット

100円から始められる。

100円以上1円単位で投資金額を設定できます。これなら資金が足りない人でも気軽に投資を始められるのではないでしょうか?

Googleの個別株を買おうとするとすると1株30万円くらい必要になります。優良な企業の株を100円ではまず購入できません。少額でも優良企業の労働力を購入できると思えばかなりお得な気がします。

100円も20年間積み立てば24万円です。運用利回り3%とすると約33万円のリターンが得られます。まず、少額から投資を始めてみたいという方にとって、投資信託はメリットだと思います。
楽天証券 投資信託 積立投資 少額から

時間の分散によりリスク軽減を図れる可能性がある。

投資信託はプロが運用するとはいえ、元本は保証されません。金利、株価、為替などの変動により投資対象の価値が上下するためです。

しかし、長期で相場をとらえると、価格変動の影響を局限できる可能性が高まります。それは、価格の高い時期、低い時期が平均的に起こると仮定したとき、価格は一定に保たれるためです。

他方、物価が徐々に上昇していく経済の原理、これまでの株価の傾向を踏まえると、総じて株価は上昇傾向にあります。短期で資産価値が下がることはあっても、最終的には価値が上がっていく可能性があり、長期で投資すればするほどその可能性は高くなります。

次は米国株500種類を集めたS&P500指数の推移です。赤色部分が株価が下がった時、緑色部分が株価が上がった時を示しています。短期でみれば激しく上下していますが、長期的に見ると上昇していることが分かります。
楽天証券 投資信託 積立投資 SPR S&P500

他方、株は物価に大きく影響を受けます。物価が上がれば一般的には企業の収入は大きくなり業績は良くなります。日本や米国は目標の物価上昇率を2%としています。このインフレ率を達成するために国としてテコ入れしていくわけです。このことを踏まえると株は国の施策として上昇してくことになります。

以上を踏まえると、毎月平均的に投資していくことで、株価が変動するリスクを許容することができます。

つみたてNISAなら少額投資非課税制度の適用を受けられる。

年間40万円以内であれば一定の条件下で投資すると最長20年に渡って利益等が非課税になるメリットがあります。通常利益の5分の1である20%が課税されるため、非課税となるのは大きなメリットです。
楽天証券 投資信託 積立投資 税制優遇 非課税

デメリット

株価の変動、為替の変動、金利の変動等により、元本割れするリスクがある。

これは投資信託に限ったことではありませんが、この点には触れておく必要があります。 投資信託の中身は個別銘柄であるため、株価の変動や為替の変動、金利の変動等によって元本割れするリスクがあります。 また、投資信託を運営するファンドマネージャーの成績に依存するところもあり、元本割れするリスクは避けられません。この点は投資者がリスクを負う必要があります。

積立によって投資するメリットは、時間の分散による投資リスクの軽減です。 短期の投資ではこのリスク軽減のメリットが得られなくなってしまいます。また、積立 NISA は一回当たりの投資金額に制限があるため短期での運用には不向きです。

加えて積立 NISA の場合、仮に元本割れしてしまった際、非課税の恩恵を受けられなくなってしまいます。
楽天証券 投資信託 積立投資 リスク

短期での収益は一般的に得ずらい。

積立によって投資するメリットは、時間の分散による投資リスクの軽減です。 短期の投資ではこのリスク軽減のメリットが得られなくなってしまいます。また積立 NISA は一回当たりの投資金額に制限があるため短期での運用には不向きです。

選べる商品が限定されている。

このは積立 NISA に限ったデメリットです。 積立 NISA の商品の性質上、金融庁の厳しい条件をクリアした商品しか積立 NISA をすることができません。好みの銘柄を選べないというのが積立 NISA の特徴です。

一方で厳しい条件をクリアした商品というのはリスクが少ないとも言えるので、ここはリスクヘッジを踏まえると致し方ない点かもしれません。

おすすめの証券会社と商品

おすすめの証券会社

私がオススメするのは楽天証券です。 あなたが楽天ポイントを保有しているのであれば、そのポイントを投資信託やNISAに投資することが可能です。

また、楽天証券で1回500円以上のポイント投資をすると、その月の楽天市場の買い物でもらえるポイントがプラス1倍になります。

楽天証券 投資信託 積立投資 楽天ポイント

あなたがもし楽天カードを持っているのであれば、楽天カード決済で投信積立も可能です。楽天カードは100円につき1ポイントの還元が受けられるため、もしあなたが楽天カードを持っているなら、カード決済により投資信託に積み立てることをお勧めします。

更に、あなたが楽天銀行の口座を持っているなら、マネーブリッジというシステムを利用することができます。これは楽天銀行口座と楽天証券口座の間のお金のやり取りがスムーズにできる仕組みです。 入出金の手数料が無料で楽に取引ができます。

おすすめの商品

私がおすすめする投資信託の商品は、「楽天・全米株式インデックス・ファンド」です。

このファンドはアメリカ株の全部を丸ごと買うインデックスに投資するといった商品であり、銘柄を分散して投資するリスク分散が加味された商品となっています。基本的には全米株を買う商品や S & P 500指数を扱う商品がお勧めです。

楽天証券 投資信託 積立投資

まとめ

以上、楽天証券で投資信託の積立を行うメリットとデメリット、おすすめの商品を紹介してきました。

もしあなたが投資初心者ならば、楽天カードを利用して、100円からポイントを使って投資を始めてはいかがでしょうか?

最後に本記事は同紙による利益を確約するものではありません。投資は自己責任でよろしくお願いします。

ありがとうございます🍀

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました