Lingoda Super Sprintの事前準備✨朝活練習を開始します😊

前提

ドイツ発祥の英語学習サービスでえるlingodaが、出席率100%を達成による全額キャッシュバックを始めました。

申し込みは10月15日までで、10月31日からプログラムが開始されます。

面白いし、英語力を上げたいので参加したい!しかし、時間を確保できるか心配。

100%のキャッシュバックを受けるには90日間欠かさず授業を受ける必要があり、1分も遅れることができないため、時間が絶対に確保できる時間に授業の予約を取る必要があります。

昔のスプリントのルールでは10分の遅れは許されていたのですが今回のルールは1分の遅れも許されません。

私の場合、本業が忙しいため、夜に設定するのは不可能。従って朝、しかも早朝に設定して予約を立て続けに入れたいと思っています。

しかし早朝に起きれるか不安。しかも10月末から開始となると朝は真っ暗。

今回はlingodaに参加するにあたり、朝活スタイルを改めて習慣化したいため、ルーティンについて考察(妄想)したいと思います。

前の日の準備

最低でも睡眠時間を6時間確保したいので、遅くても11時にはベッドに入りたい。

私の場合、10時くらい家に着くには9時には職場を出る必要があります。

仕事を全集中でやりつつ、空気を読みつつ帰ることを実践したいと思います。ワークライフバランス!

眠る前にはエスプレッソマシンにコーヒー豆と水をセット。アラームと同時にエスプレッソマシンがレディ状態になる仕組みです。これにより起きてすぐエスプレッソを抽出できます。朝無駄な動きをしないようにしたいのでこれで準備完了。

当日の朝

5時から予約したいと思っているので、朝4時45分に目覚ましで起きることにしたいと思います⏰

家族に迷惑かけないように小さめの音楽を目覚まし代わりにしてセット📱

ここで起きなければ機会を損失すると思い込んで全力即起き!

起きた直後にコーヒーメーカーに向かい、エスプレッソを抽出。かつ、起きれたことに喜びを覚え、笑顔で脳を起こさせる!

その間に、うがい手洗いしてリフレッシュ。コーヒーの香りで、脳を更に活性化。

これで約5分。

デスクに座ってエスプレッソのブラックをすすりつつ、パソコンを起動し、ズームをセットアップ。

パソコンは前の日のうちにセットしておいて、スリープモードにして眠ることにします。

画面の前でスタンバイ。

朝活開始!

早起きの障害は仕事で遅く帰ること。なんとしても英語を優先することとし、より効率的に仕事を終わらせることに努めたいと思います。

そして今日から予行練習開始し、このルーティンに対応できるか検証したいと思います。

朝活開始です!

実際朝起きれたのかまずは10月14日まで検証し、最終的にスーパーSprintにエントリーするか否か決めたいと思います!

応援よろしくお願いします😆

コメント

タイトルとURLをコピーしました