【Lingoda Super Sprint奮闘記】3日目

英語力の向上って継続が大切っていうけど、大変ですよね。私もちょっとやっては諦めて勉強を中断するってことが何回もありました。しかし、Lingodaであれば、闘牛に追われるような気分で勉強することができます。闘牛に追われたことはないけど、背水の陣で学習することができ、かなりのプレッシャーを受けて勉強できるので、否が応でも学習を続けることになります。

今回は、レッスン3日目についてレビューしたいと思います。

この記事は、英語がペラペラを実現するとともに、Super Sprintを達成するための記録を目的とした記事となっています。私と同じようにLingodaにチャレンジしたいと思っている方に参考になれば幸いです。

この記事は、
・Lingodaのレッスン内容について知りたい!
・Lingodaのレッスンを受ける上で気を付けるべきことを知りたい!
・Lingodaで語学学習をチャレンジしたい!
という方に、お薦めの記事です♪



今回のレッスン内容と教訓

レッスン内容

今回はB2、Writing。テーマは議論するための短いエッセイを書くことです。

私はTOEIC930点が最高で800点後半ですが、授業についていくだけでも、かなりしんどかった(´;ω;`)ウゥゥ

聞かれていることは理解できるものの、言葉が出てこない。英語で言おうとしても、どうしても稚拙な文書になってしまい、結局言いたいことがよくわからなくなってしまう。今回のクラスでは終始そんな感じでした。もっと、もっと勉強しないといけないなと痛感させられた授業でした。

エッセイの構成について教えてくれました。

・導入:2~3つの文書で外観
・メイン:2~3のパラグラフで主題
・結論:2文で意見と議論のまとめ
今回は、仮のテーマにそって意見を書き出し、発表するというスタイルが繰り返されました。短時間で考えをまとめること自体大変なのに、英語でやるなんて・・・。片言の英語で何とか乗り切りましたが、終始焦りがつきまとうレッスンでした。
今回は自分のアウトプットが特に勉強になりました。また、他の受講者が発表する表現や単語についても勉強になりました。
・poaching
・extinction
・prevalence
・cruel
・consequence
・mitigate
・weigh
・troll
・rhino
もっと英語で意見を言えるように勉強頑張りたいと思います。
ちなみに今回はPCの時計をバッチリ合わせていたので、他の人よりも早くZoomに入室できました。

まとめ

今回はLingodaのSuper Sprint3日目のクラスをレビューしました。

ちなみに、Lingodaでは始めの3回分のレッスンを無料で受けることができます。解約すれば料金は発生しません。

また、レッスンを本気で申し込みたい方は、こちらのコードを入力するとクーポンを受け取ることができます。是非トライしてみて下さい。



コメント

タイトルとURLをコピーしました