【2022年】Lingoda Sprintのルールを簡単に解説!

【2022年】Lingoda Sprintのルールを簡単に解説!

【この記事がおすすめの方】
Lingoda Sprintの2022年のルールを知りたい。
できるだけ英会話の費用をおさえたい。
ネイティブから語学を習いたい。

LingodaのSprintコースって知ってますか?
Lingodaは日本ではまだ有名じゃないですよね?それもそのはず、公式日本語サイトがないのです!!

Lingodaは知る人ぞ知る、お得な英会話レッスン♪なんとビックリ、スーパー・スプリント(Super Sprint)コースで成功すれば、全額キャッシュバックになっちゃうんです!!

全額キャッシュバックの条件はいたってシンプル。60日間、休まずレッスンをうけるだけ。
ネイティブから語学を学べて、成功すれば全額キャッシュバックだなんて、リターンしかありませんよね?

周りと差をつけたいなら今がチャンス!!お得に抜け駆けして語学力を身につけちゃいましょう♪

この記事は、LingodaのSprintの概要、開講期間、ルール、事前に準備すること、成功させるコツ、申し込み方法、誰にオススメか?について解説しています。

この記事を読むとLingodaのスーパー・スプリント(Super Sprint)があなたに適しているかが分かります♪
手っとり早くLingodaの授業について知りたい方は、180分の無料トライアルを受けてみると良いでしょう。無料トライアルの申込み方は、【たった3分】Lingodaの申込み方/サブスク解約の方法について解説にまとめています。

≫Lingodaの無料トライアルはこちら

まずやってみないと、良いか悪いか、分からないですからね。

目次

Lingoda Sprintとは、全額キャッシュバックのチャンスがある限定コース

Lingoda  Sprintとは、全額キャッシュバックのチャンスがある限定コース

Lingoda(リンゴダ)は英語、ビジネス英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語をネイティブから学べるオンライン語学スクールです。

スーパー・スプリント(Super Sprint)は LingodaのSprintコースの期間限定のコースの一つです。
全授業に参加すると全額キャッシュバックになるSuper Sprintと半額キャッシュバックになるRegular Sprintの2つのコースがあります。

Lingodaの特徴は次のとおりです。

・全員ネイティブで実務経験ありの先生から、リアルな英語等が学べる
・1クラス60分、作りこまれたカリキュラムで学習効果と満足感がすごい
・24時間365日予約できて、自分の予定にあわせた学習プランが立てられる
・最大5人のグループクラスは、留学した気分になれる

Lingoda Sprintの開講期間

Lingoda Sprintの開講期間

Lingoda Sprintは期間限定ですが、2022年は毎月募集されていて、Sprint期間は60日間となっています。

Lingoda Sprintの期間は中央ヨーロッパ時間なので日本時間からマイナス8時間となるので注意しましょう。

最新の募集情報は次の記事をご覧ください。

Lingoda Sprintをはじめる前に準備すること

Lingoda Sprintを受講するパソコン(スマホ)

Lingodaはオンラインスクールなので、パソコン又はスマホは必需品です。できればパソコンで授業を受けるようにしましょう。なぜなら、圧倒的に先生が表示してくれる資料がみやすいからです。

先生が表示してくれる資料が見やすいよう、できれば大きめの画面を準備しましょう。ただ、スマホでも必要な部分は拡大できるので、パソコンが準備できなくても受講できます。その代わり、教材と同時に先生や他の受講者のカメラ映像を見ることができません。

家で授業を受ける場合はパソコンを使い、出張など出先で授業をうけるときはスマホを使えばいいと思います。

Lingoda Sprintには安定した通信環境が必要

Lingoda Sprintでは安定した通信環境が必須です。なぜなら、Lingoda Sprintの授業中に途絶えてしますと欠席扱いになってします可能性があるためです。

Lingoda Sprintのルール上、10分の欠席が許容されますが、学習効果を最大化させるため、できるだけ安定した通信環境を準備して授業がとぎれないようにしましょう。また、インターネットが接続不良になってしまった時に備えて、バックアップを準備しておきましょう。

Lingoda Sprintを支払うクレジットカード又はPayPal(ペイパル)

Lingoda Sprintは現金で支払うことができません。したがって、クレジットカードまたはPayPal(ペイパル)を準備しておく必要があります。

また、クレジットカードは有効期限や支払い限度額に余裕があるものを準備しましょう。仮に決められた日にちに支払いが上手くいかない場合、Lingoda Sprintが失敗になってしまします。

Lingoda Sprintに備えた支払い計画

Lingoda Sprintでキャッシュバックを受けるまで時間が掛かります。

Lingoda Sprintの期間が終わっても、審査に稼働日45日が必要で、その後キャッシュバックを受け取るまで時間がかかります。ですので、余裕をもった支払い計画をたてましょう。

Lingoda Sprintのルールを確認するポイント

Sprint Challengeのルールを解説しますが、必ず一度は本サイトでルールを確認してください。

\ 必ずこちらを参考に /

LingodaのSprint期間

Lingoda Sprintのルールには開始日、終了日、期間が定義されています。上記の場合、次のとおりとなります。いずれも中央ヨーロッパ時間となるので日本時間からマイナス8時間する必要があります。

開始日(Start Date):2022年10月3日
終了日(End Date):2022年12月1日
1ヵ月目:10月3日~11月1日
2か月目:11月2日~12月1日

LingodaのSprint期間

LingodaのSprintコース

次に確認すべきポイントは、Lingoda Sprintコースです。全額キャッシュバックを受けられるのはSuper Sprintです。

Super Sprint 一月あたり30クラス
Regular Sprint 一月あたり15クラス

LingodaのSprintコース

Lingodaのクラスを予約できる日

Lingodaはクラスを予約する時にクレジットをつかいます。クレジットがもらえる日にちを確認しておきましょう。上記の場合、次のようになります。

一カ月目:2022年9月25日
二カ月目:2022年10月25日

Lingodaのクラスを予約できる日

LingodaのSprint料金

Lingoda Sprintの料金を確認しましょう。支払はユーロ€かドル$を選ぶことができます。

また、Lingoda Sprintの支払いが発生する日にちも確認しておきましょう。この支払日に設定したクレジットやPayPal(ペイパル)が支払い方法が有効になっていないとLingoda Sprintが失敗となるので注意しましょう。

Lingoda Sprintのキャッシュバック条件

Lingoda Sprintのキャッシュバックの条件も確認しましょう。

Super Sprintは一カ月あたり30日参加で全額
Regular Sprintは一カ月あたり15日参加で半額

Lingoda Sprintの失敗条件

Lingoda Sprintの失敗条件を確認しましょう。まず、4.1~4.3の条項です。

・Lingoda Sprintの開始日前にクレジットをつかって授業を受ける
・第3者とアカウントを共有すること
・複数のアカウントなどで同時にSprintに登録すること

続いて4.4~4.7の条項です。

・支払日に支払いが失敗すること。
・キャッシュバックに失敗すること
・Sprint期間中にタイムゾーンを変更すること。

LingodaのSprintにおける”クラス”の条件

クラスが「参加」となる条件についてです。5.1~5.10まであるので、要約で解説します。

・授業に60分間フルで参加すること。
・途中で授業をぬけてはいけない。
・受講者が参加できるクラスは1日1クラスまで。1日2クラス受けると失敗となる。
・レギュラー・スプリントでは1週間に5クラスまで参加できる。それ以上受けると失敗となる。1週間の定義は月曜日~日曜日。
・マンツーマンのクラスに参加してはいけない。
・Lingoda側の事由以外で、いかなる理由も欠席は認められない。
・授業中の不適切な行為(セクハラ、妨害等)
・Lingodaによる原因でクラスに参加できない場合は、その日はクラスに参加する必要はない。その場合72時間以内にクレジットが返還される。
・7日(168時間)をきってクラスをキャンセルすると、Sprint失敗となる。
・追加購入したクレジットは、Sprint中に使ってはいけない。

Lingoda Sprint終了後について

キャッシャバックは、Sprint終了日から3か月以内に受けることができます。

・Lingoda Sprint終了後、Lingodaはキャッシュバックが受けられるのどうかについて、電話かEmailで45稼働日以内に連絡する。
・LingodaはSprint終了日後3カ月以内、支払時の通貨かつ同じ支払い方法でキャッシュバックしなければならない。

LingodaのSprint終了後のサブスクについて

Lingoda終了後、お得な価格でクラスに参加することができます。このクラスは基本自動的に参加することとなるため、キャンセルする場合はSprint終了日までに停止の手続きが必要です。

Lingoda Sprintを成功させるコツ

続いてLingoda Sprintを成功させるコツについて解説します。

Lingoda Spirnt申込み時、タイムゾーンを日本時間に設定するのを忘れない!

Lingodaに初めて登録する方は、登録時にタイムゾーンの設定画面に自動的に遷移するため、設定を忘れることはありません。しかし誤って海外時間で設定してしまっている場合もあるので、Lingoda Sprintに申込む際は、あらためてタイムゾーンが確実に日本時間に設定されているか確認しておきましょう。

ちなみに、予約時間を間違えないようにするため、Time formatを24-hour formatにしておくと良いです。これにしないとAM/PMで間違えて予約してしまうリスクが高まります。

Lingoda Sprintの料金支払い時のクレジットカードを解約しない

料金を支払った時にのクレジットカードを解約しない

Lingoda Sprintのキャッシュバックは、Lingoda  pirintの料金を支払った時に使ったクレジットカードやPayPal(ペイパル)に払い戻されます。支払時の方法を変更していたり、使用できない状態になっていると、キャッシュバックが受け取れません。

確実に支払い方法が有効になっているか確認しておき、仮にもクレジットカードを解約しないようにしましょう。

Lingoda Spirntクラス時間の前にアラームを二重三重にかけておく

Lingodaクラス時間の前にアラームを何重にもかけておく

Lingoda Sprintでキャッシュバックを受ける条件は、クラスの始めから最後までフル出席する必要があります。したがって、予約時間に遅れないようアラームをかけておきましょう。

私の場合、予約時間の30分前、15分前、5分前、1分前、予約時間の合計5回もアラームをかけていました。また、スマホでアラームをかける方はスマホが充電切れでアラームが鳴らないということがないように、確実に充電しておきましょう。

Lingoda Sprintのクレジットを受け取った時点で全部の予約を完了させる

必ず実施いないといけないことではありませんが、予約忘れを防止するためにも、できるだけ早めに予約を完了させておきましょう。私の場合、クレジットをもらったその日に全部予約していました。

クレジットが付与されると、メールでお知らせが届きます。また、アカウント画面の右上に表示されている「Store」のグループレッスン部分が「30」になります。

自分が希望する時間を前もって全て予約しておくとともに、予約後は、予約完了通知のメールを確認して、間違いなく希望する日に予約できているか確認しましょう。

効果的に英語力をアップさせるためにもカリキュラムベースで予約することをおすすめします。

Lingoda Sprintのクラス前にZoom setupを毎回する

マイクやスピーカーのトラブルでクラスに参加できない場合、欠席扱いとなり、Lingoda Sprint失敗となってしまう危険性があります。ですので、毎レッスン、Zoom setupをクリックして、接続テストでマイクや音声が正常に機能するか確認しておきましょう。

ちなみにカメラは授業中オフでも構いませんが、たまに「カメラオンにできる?」と聞いてくる先生がいるので、心構えだけはもっておきましょう。

Lingoda Sprintの通信回線を複数準備しておく!

Lingoda Sprintの通信回線を複数準備しておく!

万が一、インターネットに接続できない場合に備えて、バックアップを準備しておきましょう。

私の場合、パソコンで受講しつつ、バックアップでスマホを手元において、すぐにクラスに接続できるようにしていました。

実際、一度、パソコンのインターネット接続がおかしい時に瞬時にスマホに切り替え、Sprint失敗をまのがれることができました。バックアップを準備するのは、少し手間がかかりますが、全額キャッシュバックのためにも毎回、インターネット回線のバックアップを準備しておきましょう。Lingoda Sprintに失敗するよりマシです。

Lingodaの無料トライアルを受けて、授業の流れを把握しておく

まだLingodaの授業を受けたことがない方は、いきなりSprintを受講するのではなく、無料トライアルで一連の授業の流れをつかんでおくことをオススメします。

自分が思っていた手順と違った時に、慌てないためにも無料トライアルを予行練習がわりにうけておきましょう!

なにごとも初めてはドキドキするものですが、百聞は一見に如かずですので、実際に無料トライアルで体験しておきましょう!

≫Lingodaの無料トライアルはこちら

Lingoda Sprintの申込み方法

LingdaのSprint申し込み方法は、【たった3分】Lingodaの申込み方/サブスク解約の方法について解説をご覧下さい。
詳しく申し込み方法を解説しています。

Lingoda Sprintは誰にオススメ?

Lingoda Sprint、特にスーパー・スプリント(Super Sprint)は、正直、楽ではありません。60日間、毎日60分の授業を受けるのですから、生半可気持ちだと挫折してしまうかもしれません。しかし、何が何でも英語力を伸ばしたい!と思っている方には、絶対にオススメです。

Lingoda Sprintは実際、スパルタです。効果的に語学力をあげるには、授業時間の60分だけでなく、予習や復習がかかせません。ともかく、ひたすら60日間毎日受けるだけでも骨がおれます。一方で、60分間、ともかく授業を受けるだけでも、必ず語学力は絶対アップしますよ!

しかも約10万円が全額キャッシュバックになるのですから、Lingoda Sprintをがんばるしかないですよね?

Lingodaの作りこまれたカリキュラムと、先生経験ありのネイティブスピーカーから英語を習うのですから必ずあなたの語学力はアップします。
はじめは聞き取れなかった先生のナチュラルスピードも聞き取れるようになりますし、英会話も他の受講者と切磋琢磨しながらスムーズになってきます!

あなたはなぜ、語学力をアップさせたいのですか?

Lingodaなら必ずあなたの想いを叶えてくれます!その一歩を踏み出すのは、ちょっと不安かもしれません。しかし、その一歩が、あなたの輝かしい未来を作り出してくれるのです。Sprintに不安な方は、先ずは無料トライアルに申し込み、そのあとSprintにチャレンジしてください!

Lingoda公式ページで、無料トライアルにチャレンジする!
Lingoda Sprintの申込みはこちら!

まとめ:Lingda Sprintは楽じゃない。けどワンランク上の語学力が手に入る!

私は2回のSuper Sprintにチャレンジし、2回とも成功しました。はじめのスーパー・スプリント(Super Sprint)は条件が90日だったので、合計150時間分の授業が実質無料になりました。
その上、英会話に自信をもつことができ、いぜんよりも自然な英語が聞き取れるようになりました。

実際、Lingoda Sprintは失敗している人もいます。しかし、今回紹介したコツを徹底すれば絶対成功できます!
Sprintは決して楽なものではありませんが、必ずリターンがえられます。

とはいっても、なかなか一歩が踏み出せないですよね?

けど、その一歩を踏み出せれば、2ヶ月後にはレベルアップした自分にであうことができますよ♪悩んでいる時間はもったいないです!まずは、合計180分の無料トライアルでLingodaの授業を体験してください!

\ Lingoda公式ページ /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次