【時間がない人必見】常識外れの勉強法!NHKラジオ番組で英語力UP!

NHKラジオビジネス英語を聞き始めてからはや4か月。

今回は特に時間がない方にとって有益な勉強方法について紹介します。

今回紹介する常識外れの勉強法を実践することで効率的・効果的に英語力を向上させることができます。

使用するテキストはラジオビジネス英語ですが、どの英語番組でも適応できる勉強法を紹介しています。

ちなみに、NHKの英語テキストはこちらから購入できます(定価550円)。

この記事は、
・NHKのラジオ英語を活用したいけど、効果的な勉強方法がわからない!
・普段、時間がないけど効率的に英語力を上げたい!
という人におすすめの記事です!
目次

事前に準備するもの

効果的に勉強するため3つを準備してください!

①NHKラジオビジネス英語のテキスト(紙版)
②赤ペン
③やる気

NHKラジオビジネス英語のテキスト(紙版)

①は電子版ではなく、紙版を準備しましょう。

紙媒体の英語辞書と電子版の英語辞書の比較を行った論文を見ると、紙媒体の方が一度に情報を処理できるといった報告がなされています。

実際、Kindle版だと100円程度安いですが、紙媒体は直接ペンで書き込める利点もあり、アクティブラーニングしやすいことからも、紙媒体での学習をおすすめしています。

様々な論文を読む限り、紙媒体による学習と電子媒体による学習効果に違いは見られず、逆に電子媒体の方が、気軽に学習に取り掛かりやすいという利点も報告されていることから、まずは紙媒体から始め、どちらが学習しやすいか、試してみて、自分にあった、つまり、学習を継続する上でストレスの少ない媒体を選択するとよいでしょう。

ちなみに8月号はこちらか購入が可能です。

赤ペン

赤ペンを準備しましょう。

お薦めはジェットストリームです。スラスラ濃いめに筆記でき、癖になる滑らかな書き心地は、一度覚えたらやめられません。

お薦めの赤ペンはこちらから購入できますが、自分が使いやすいペンで構いません。

やる気

絶対に必要なのはやる気です。

英語力を向上させるぞ!というやる気を準備しましょう!

何のために英語力を上げたいのか。ゴールを設定しましょう。

ゴール明確にすると、集中力があがり

勉強が継続できます🔥

自分がやる気が出るものを準備しろ!

常識外れの勉強法

ラジオ放送を聞かない!

「どういうこと?」と思われるかもしれませんが、私流の勉強法で変わっている点は、まずテキストを読むことから始めるという点です。テキストを先に読んだ後に、ラジオ放送を聞く。そう意味で先に「ラジオ放送を聞かない」としています。

テキストを徹底的に理解し、アウトプットできるようであれば、最悪、ラジオ放送を聞かなくてもいいと思っています。

あくまでも放送は補助的に使う。

補助的な位置づけで活用します。

先にテキストを読むメリットは次の3点です。

①学習を継続できる。
②リスニング力を効果的に向上させることができる。
③音読の効果を向上させることができる。

学習を継続できる。

NHKのラジオ講座を聞こうとしている方は、リスニング力の向上を図りたい人が多いと思っているはずです。

しかし、NHKラジオビジネス英語ともなると、英語力も高いレベルを求められます。その結果、放送を聞くことが億劫になってしまい、結果、学習をやめてしまう可能性があります。

先にテキストを読んでおくことで、学習を始めるストレスを軽減させることができ、結果、学習を継続することができるようになります。

また、英語番組の中では、要所要所に解説をはさみ、その分学習時間が伸びるわけですが、自分の関心がある部分に勉強時間を集中させることができ、マイペースに勉強を進めることができます。

テキストを先に読めば、学習のストレスを小さくすることができ、継続的に学習することが可能になります。

リスニング力を効果的に向上させることができる。

英語を100万回聞き流しても、英語を聞けるようにはなりません。

英文の意味を理解した上で英語を聞くことで、意味と音が頭の中で結びつき、英語が聞けるようになります。

事前にテキストを理解することで、リスニングを向上させることができるという訳です。

また、事前にテキストを確認したとしても、実際に放送を聞いた時に聞き取れない部分が出てくるはずです。

その部分を重点的に聞き直し理解することでリスニング力を効果的かつ効率的に向上させることができます。

「英語を聞き流す」メリットは、英語勉強をやった感、満足感が得らることです。しかし、後に何も残らないと思っています。文の構造や意味、内容を理解することで、本当の英語力を身に付けることができると思います。

音読の効果を向上させることができる。

NHKラジオの英語番組を最大活用する鍵は、音読です。

音読の効果を引き出すためには、事前の準備が非常に重要です。

事前に準備し音読することで、英語学習効果が上げることが報告されています。

より具体的な勉強法

テキストを理解する。

具体的な勉強方法について説明します。

まず、テキストを読みます。

1週間分を先読みしちゃいましょう。

先読みする中で次の点について確認しましょう。

①文の意味
②文の発音
文の意味

文書ごとの意味を把握しましょう。文の意味を把握していく中で、意味が分からない単語があれば調べ、その部分を赤ペンで囲んでおきましょう。あとで音読するときに、この部分を意識するためです。

ただし、調べることにあまり時間をとってはいけません。理解するまでの時間をできるだけ短くしてください。

また、分からない単語に〇印を付けたら、日本語訳側にも相当する部分に〇つけておきます。これにより、音読の際に、あらためて意味が分からない時に確認が瞬時に行え、学習時間の短縮が可能になります。

文の発音

文書ごとに発音を確認しましょう。発音の分からない単語、リエゾンする部分、音が消える部分(エリゾン)を赤ペンで囲みます。

こういった点を意識しながら音読することで、効果的に英語力を向上させることができます。

下は実際、実際に私が赤ペンを入れたテキストの写真です。かなり適当ですよね(笑)

これいいんです。時間をかけないようにチェックしていきましょう。

以上の確認を、平日忙しい方は土日に1週間分まとめてやってもいいでしょう。

ともかく、NHKの放送を聞く前にやることが重要になります。

NHKラジオビジネス英語を聴く

準備が整った時点でNHKのラジオビジネス英語を聴ききます。

英文を聞く時はテキストを見ずに音だけに集中します。

この時、聞き取れない部分があれば、どこが聞き取れなかったのかをテキストで確認し、その原因を分析します。

音のつながり、単語の意味がわからなかった、エリゾン(音の脱落)があった等、原因を分析したら、気を付けて発音すべき部分であるこを自分に認識させるため、赤ペンでチェックします。

音読

英語力をアップできるフェーズです。これまでの作業は、自分が理解できていない部分を明らかにするフェーズでした。

NHKのラジオ放送を聞くことで最終準備が完了したことになります。

ここからは日々音読をしていきます。

赤ペンで印をつけた部分を意識して、文の意味をとらえながら音読をしていきます。音読をして英文の意味が分からなければ、改めて意味を確認します。

音が分からなければ、NHKのラジオ放送を改めて聞き直します。

より正確な発音かつ意味を理解しながら音読を繰り返してください。

具体的な勉強プラン

以上の勉強方法を踏まえた具体的な勉強プランを例として示します。あくまでも私の勉強タスクですので、自分にあったプランニングをしてください。

土日 1週間分のテキストを読む。
月 2回分の放送をアプリで聞き、発音を確認する。
火 同上
水 残りの放送をアプリで聞き、発音を確認する。
木 1週間分のテキストを音読(2周以上)
金 同上

土日に1週間分のテキストを読むとしているのは、仕事が土日になる時間が平日よりも多く取れる為です。

まとめ

以上、短時間で取り組めるNHKのラジオ英語番組を活用した勉強法を紹介してきました。

大切なのは次の3つです。

①先にテキストを読むこと!
②ラジオ放送はあくまでも確認のために聞くこと!
③音読が大切!
以上を続けることで英語力があること間違いなし!
私もこれで英語力を上げていきます!
頑張っていきましょう🔥🔥🔥

 

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次