Googleキーワードプランナーの使い方と3つの活用法

ブログを書く際、どんなキーワードを入れるか悩みますよね。

私もどんなキーワードを入れたらいいのか、よくわからなくていつも悩んでしまいます。

ただし、Googleキーワードプランナーを使うとより早くキーワードを設定することができます!しかも効果的なキーワードを設定できます。

私も、キーワードをGoogleキーワードプランナーを活用して設定することで検索上位表示を達成できた1人です。

今回は、Googleキーワードプランナー(以下「GKP」と記します。)の概要、使用するメリット、活用方法についてまとめました。

この記事を読むと、適切なキーワードを設定することができ、ブログが上位表示され、アクセス数が伸びるかもしれません!

ブログのアクセス数が伸びると嬉しいですよね!一緒に適切なキーワードの設定について確認していきましょう!

この記事は
GKPの概要について知りたい!
GKPを使うメリットを知りたい
GKPの使い方について知りたい!
という方におすすめです😊



 

GKPとは?

 

GKPとはGoogleキーワードプランナーのことであり、無料で利用できるキーワードを探すツールです。GKPによってキーワードのパフォーマンス(検索ボリュームや競合性)を確認することができます。

私の主な使い道は、キーワードの選定です。ブログを沢山の人に見てもらうためには、読者が求めるキーワードを設定し、ブログのタイトル、見出し、本文、挿入した画像の代替テキストに盛り込む必要があります。

しかし、検索ボリュームが大きすぎるキーワードを選定しても、上位表示されるハードルが高くなるため、逆に自分のブログを見てもらえないという結果になるリスクがあります。

したがってキーワードを選定する際は競合性が少なく、ある程度検索ボリュームが得られることを意識する必要があります。

GKPを使えば、キーワードの競合性や検索ボリュームを簡単に確認することができるのです。

キーワードプランナーで最適なSEO対策を施す

 

GKPのメリットとは?

ただで使える!

GKPは無料かつ広告なしで利用できます。しかも豊富なGoogleのノウハウが詰まっているため、最適なキーワードを提示してくれます。

キーワードを探すツールとして有料版もある中、GKPはタダで使えるのです!お得ですよね♪

Googleキーワードプランナーは無料で使える。

一石二鳥!

GKPはキーワードに応じた検索ボリュームを教えてくれます。また、同時に、競合性も確認することができます。

キーワードによっては企業が多く参画しているため競争率が高く、検索上位への表示が難しくなってきます。

アマチュアブロガーはニッチなキーワードを攻める方が成功するとも言われます。GKPはキーワードの強弱、参入機会の難易度を教えてくれるのです。

一石二鳥で便利!Googleキーワードプランナー

操作が簡単

GKPは、検索画面にキーワードを入力してワンクリックするだけなので、直感的に操作することができ、誰でも簡単にキーワードを調べることができます。

私も初めて使った時、迷うことはありませんでした。はじめはポチポチしながら、数値の意味するところを確認していくのもGKPを使いこなす近道です。

Googleキーワードプランナーの使い方は簡単かつシンプル

 

GKPの簡単な使い方!

アカウントの作成

GKPを使用するためには、アカウントを作成する必要があります。Googleのアカウントを持っている人であれば、よりスムーズかつ短時間に登録できます。

簡単なキーワードの探し方!

ログイン後、キーワードプランナーを選択します。下の図のようにスパナ🔧マークから進めます。

キーワードプランナーに進むと、「新たなキーワードを見つける」と「検索のボリュームと予測のデータを確認する」の2つが表示されます。

私の場合、ブログに盛り込むキーワードを検討したいため、左側の「新しいキーワードを見つける」を選択します。

すると、次の「新しいキーワードを見つける」ツールの画面が表示されます。入力画面の虫眼鏡マーク部分に自分が書きたいと思っているブログ記事に関するキーワードを入れてみましょう。

今回は例として「キーワードプランナー」と入力してみます。すると「キーワードプランナー」を含むキーワードが表示されます。

検索結果で私が、チェックするのは「指定されたキーワード」、「月間平均検索ボリューム」、「競合性」です。検索結果に表示されるキーワードを踏まえて、自分が使用するキーワードを設定します。

下の画面であれば、「キーワードプランナー」以外に、「使い方」、「無料」、「Google」が表示されています。これらを盛り込むことで検索される可能性が高まると判断し、ブログ記事にキーワードとして盛り込んでいく方針が立てられるわけです。



ちょっとした3つの活用法

期間の変更

キーワードの検索ボリュームは期間によって大きく変動する場合があります。例えば「クリスマス」や「ハローウィーン」のような季節性のあるキーワードはその傾向が顕著です。

読者に記事を読んでほしい期間を踏まえて検索期間を設定しましょう。これにより自分のニーズに合わせた期間のキーワードを調べることができます。

期間の変更は次の赤線部分で変更することができます。

競合性や検索ボリュームのソート

月間平均検索ボリュームや競合性はソートが可能です。

一番上の「月間平均検索ボリューム」や「競合性」をクリックすると降順又は昇順でソートすることができます。

月間ボリュームが高いキーワードを調べたい時や競合性が低いキーワードを抽出したいといった時に便利な機能です。

月間平均検索ボリュームを降順又は昇順でソートする

より詳細な検索ボリュームの確認

検索ボリュームは、より詳細に確認することができます。詳細な検索ボリュームは、3つのステップで確認することができます。

ステップ1:詳細なボリュームを知りたいキーワードを選択します。キーワードの左側に表示されているチェックボックスをクリックします。

ステップ2:「キーワードを追加」をクリック

上の青色バーは部分に表示されている「キーワードを追加」をクリックしたら準備完了です。

ステップ3:左側のカラムに表示されている「予測」をクリックする。

予測へ移動すると、上記のような検索結果が表示されます。このキーワードだと表示回数は290回と少ないですね。

ちなみに、来年までの予測クリック数や地域なども確認が可能です。

より詳細な検索ボリューム



まとめ

以上、Googleキーワードプランナーの概要、メリット、簡単な使い方についてまとめました。

ブログを検索上位表示させ、アクセス数を増やすためには、適切なキーワードの設定が大切です。

キーワードはデータに基づき設定するのが効果的であり、GKPはキーワードを設定するためにとても便利なツールといえます。

あなたもGKPを使って、目標キーワードの設定をしてみてはいかがでしょうか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました