2022年株価の動向|アナリストはS&P500の企業は高いEPSを予測

2022年は期待!S&P500の企業は高いEPSを報告か⁉️

現在、産業界のアナリストは2022会計年度のEPSを$222.32と予測しています。この数字は何を意味するのでしょうか?そしてこの数字の信憑性はどの程度あるのでしょうか?FACTSETの記事を考察したいと思います。

この記事は次の方におすすめの記事です。

  • 2022会計年度の米国株の方向性を知りたい!
  • どのセクターに投資すべきか知りたい!

2022年度のEPSの予測値は2.32

現在のアナリストの予測値$222.32が最終的な数値となれば1996年以降、最高値となります。

信憑性について

過去の数値を見るとアナリストは概して過大評価していることがわかります。

これを数値で表すと、予測と実績の乖離の平均は7.2%となっています。このうち、9.11テロがあった2001年や2008年、2009年の不景気があった3年分の値を取り除くと平均は3.3%になります。

いずれにしても予測値を下回る結果となります。

2022年の株価の動向は?

仮に平均7.2%を2022年の余白他に適用する場合、実績値は$206.32となり、3.2%を適用するなら$215.00となります。

この値は2021年の実績と比較すると大きく上回る値となります。

従って2022会計年度のS&P500の企業利益は伸びると言え、株価についても企業利益の伸びからアップすると言えるでしょう。

問題はどのセクターに投資すべきか?

前述のEPSはあくまでも各企業の平均であるため、どの企業に投資しても株価があがるというわけではありません

逆にS&P500のインデックスに投資すれば一定の利益を得られる可能性が高いです。ただし、S&P500の株価平均を押し上げるハイパーグロース株について注目した上で投資判断する必要があります。

では、個別株に投資するのであれば、どのセクターに投資すべきでしょうか?

答えはエネルギー、金融、材料です。

詳細は次のリンクを参照して見ていただければわかりますが、高いインフレ率の中でもデメリットの影響が少ないセクターに注目が必要です。

超訳FACTSET|S&P500の各社は高いインフレを懸念・材料視!注目のセクターは?
FACTSET記事に基づき今後のS&P500の動向について分析し、4四半期の決算に向けた投資戦略を紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました