【フェイズブック決算】2021年度2四半期決算を確認していきます!

フェイスブック(ティッカーシンボル:FB)の2021年度2四半期の決算が発表されています。今回は、フェイスブックの速報をしつつ、米国株の決算の確認の仕方について紹介していきます。

 

結論

先に結論です!FACEBOOKのEPS、売上高ともに良好な結果でした!

良い決算とは。

あらためてのご案内です!良い決算とは

1: EPS(一株当たり利益)
2:売上高
3:ガイダンス
の3つが、いずれも良い値であることです。
今回も、EPS、売上高、ガイダンスの3つの指標の調べていきます。

決算の調べ方

EPS(一株当たり利益)、売上高、会社側ガイダンスは、次にの文書に記載があります。

・会社IR(Investor Relations)資料
・8K(臨時報告書)
・10Q(四半期報告書)
・10K(年次報告書)

上記の4つには、EPS、売上高、ガイダンスの全てが記載されていますが、初心者の方や分かりづらいと感じる方は、Yahoo Finance、Investing.com、各証券会社等がまとめる二次情報から調べるいいと思います。

今回もYahoo Financeで予測値を、実績を8-K(臨時報告書)で調べていきます。

予測値(Estimates)

まず予測値について調べておきます。

Yahoo Finance掲載のデータです。

上の図の結果を表に転記しておきます。

予想(Estimates)実績(Actual)
EPS$3.02
Revenue(売上高)$27.82B

実績(Actual)

テスラのIR資料8K(臨時報告書)を見てみます。

上記赤字部分がEPSと売上高の結果です。まとめると次の表のとおりです。

予想(Estimates)実績(Actual)
EPS$3.02$3.61
Revenue(売上高)$27.82B$29.077B

いずれも予測値を上回っています!

EPS、売上高ともに素晴らしいです♪

DAU(Daily Active Users  1日のアクティブユーザー)

SNSなどで使用される使用にDAUというものがあります。これは一日あたりのアクティブユーザー数を示すものです。

SNS関連企業は、アクティブユーザーにサービスを利用してもらうことで、広告収入が入るため、重要な指標として扱っています。

DAUが伸びていく=収入が伸びていく=業績が良くなる!

DAUの指標は会社の業績に直結するわけです!

facebookのDAUを見てみましょう。

2Qについてもしっかりと伸びていますね!業績として問題ないと思います。

今後の見通し

「売上高は前年比で47%成長しており、これは配信される広告が6%増加したものである」と述べており、また、「2021年の残りの期間においても広告収入の伸びは広告価格の伸びによって促進されるだろう」と述べています。

他方、売上高の成長率は、緩やかになっていくだろうと予想しています。

いずれにしても、下げの要因となる記述はありませんでした!

まとめ

今回の決算も非常に素晴らしい決算でした。

引き続きFacebookの今後発展を考えると、既に株を保有している方は引き続きHOLD!

これから購入したいという方は、長期でホールドならば即買い中期で見るなら8月以降の金利動向を踏まえつつ、株価が下がったところでエントリーしていく。そんなところではないでしょうか?

株を持っている人:ホールド!
買おうか迷っている人:長期→即買い、中期→株価下がったところで買い。
※ 株の購入は自己責任で。株の売買に関する責任は一切負いません。よろしくお願いします😊

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました